本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年5月15日沖縄復帰40周年記念式典出席等

メイン画像:沖縄復帰40周年記念式典で式辞を述べる野田総理1

沖縄復帰40周年記念式典で式辞を述べる野田総理1

  • サムネイル:沖縄復帰40周年記念式典で式辞を述べる野田総理1
  • サムネイル:自衛隊部隊を視察する野田総理
  • サムネイル:自衛隊隊員を激励する野田総理1
  • サムネイル:自衛隊隊員を激励する野田総理2
  • サムネイル:仲井眞沖縄県知事から沖縄振興計画を受け取る野田総理
  • サムネイル:沖縄振興計画を受け取った後、仲井眞沖縄県知事と握手する野田総理
  • サムネイル:沖縄復帰40周年記念式典で式辞を述べる野田総理2
  • サムネイル:沖縄復帰40周年記念式典で式辞を述べる野田総理3
  • サムネイル:沖縄復帰40周年記念レセプションであいさつする野田総理
  • サムネイル:沖縄復帰40周年記念レセプションで鏡開きをする野田総理

自衛隊部隊を視察する野田総理

自衛隊隊員を激励する野田総理1

自衛隊隊員を激励する野田総理2

仲井眞沖縄県知事から沖縄振興計画を受け取る野田総理

沖縄振興計画を受け取った後、仲井眞沖縄県知事と握手する野田総理

沖縄復帰40周年記念式典で式辞を述べる野田総理2

沖縄復帰40周年記念式典で式辞を述べる野田総理3

沖縄復帰40周年記念レセプションであいさつする野田総理

沖縄復帰40周年記念レセプションで鏡開きをする野田総理

 平成24年5月15日、野田総理は沖縄復帰40周年記念式典に出席するため沖縄県を訪問しました。

 自衛隊那覇基地に到着した野田総理は、陸・海・空自衛隊部隊を視察した後、自衛隊隊員を激励しました。
 その後、宜野湾市内のホテルで、仲井眞弘多沖縄県知事から「沖縄振興計画」を受け取りました。
 続いて、沖縄コンベンションセンターで行われた沖縄復帰40周年記念式典に出席しました。復帰記念式典は、国と沖縄県の共催で行われ、野田総理と仲井眞沖縄県知事のほか、衆参両院議長、最高裁判所長官、在日米国大使らが出席しました。

 野田総理は式辞の中で、「今なお沖縄が直面する様々な課題の解決に向けて、最も大事なことは、沖縄の皆様の声に真摯に耳を傾けることです。自由度の高い一括交付金の新設。過去最大の増額となる沖縄振興予算。種々の税制上の特別措置。いずれも、沖縄県からの御要望を最大限に受け止めた成果の一つです。また、政府が決定した法律に基づく基本方針を踏まえて、県において、本日、「沖縄振興計画」が策定されました。先ほど、仲井眞知事からこの策定されたばかりの計画の提出を受けたところです。この計画の実現のため、政府としても力を尽くしてまいります。
 沖縄振興とあわせ、沖縄を含む我が国の安全を確保することは、国の基本的使命です。一層の厳しさを増す我が国周辺の安全保障環境の下、日米安全保障体制の役割は引き続き重要となる一方、米軍基地の集中が沖縄の皆様に大きな負担となっていることは十分に認識しています。抑止力を維持しつつ、沖縄の基地負担の早期軽減を具体的に目に見える形で進めていくことを改めてお誓いいたします。
 本土復帰から40年。日本全体を牽引し、アジア太平洋の時代を先頭に立って切り拓いていくのは、沖縄です。そして、そうした未来を担っていくのは、私たち自身です。平和を希求する県民の願いが、そして世界に飛躍を願う「万国津梁」の精神が、21世紀の沖縄を切り拓く大きな財産となることは疑いありません。我が国に未曾有の被害をもたらした東日本大震災からの復旧・復興、日本経済の再生に向けた挑戦が続けられている今だからこそ、沖縄に期待します。そして、沖縄の一層の発展が、我が国及びアジア太平洋地域の発展に寄与することを確信します。」と述べました。

 式典に引き続きレセプションが行われ、「鏡開き」、「琉球舞踏」などが披露されました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.