本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年5月24日国際交流会議「アジアの未来」晩餐会

メイン画像:国際交流会議「アジアの未来」晩餐会でスピーチする野田総理1

国際交流会議「アジアの未来」晩餐会でスピーチする野田総理1

  • サムネイル:国際交流会議「アジアの未来」晩餐会でスピーチする野田総理1
  • サムネイル:国際交流会議「アジアの未来」晩餐会でスピーチする野田総理2

国際交流会議「アジアの未来」晩餐会でスピーチする野田総理2

 平成24年5月24日、野田総理は東京都内で開催された、第18回国際交流会議「アジアの未来」晩餐会に出席しました。

 国際交流会議「アジアの未来」は、アジアの政治、経済界のリーダーの方々がさまざまな意見や展望を話し合う大型会議です。

 野田総理はスピーチの中で、「豊かなアジアの未来を呼び込むためには、各国それぞれの取組とともに、「繁栄の共通基盤づくり」に皆で汗をかかなければなりません。
 「財政健全化」と「経済成長」の両立は、繁栄の大前提となる課題です。特に、人口構成が高齢化していけば、経済成長を促すための環境整備は、各国共通の課題として、今まで以上に意識されていくでありましょう。
 高いレベルでの経済連携を目指した「アジア太平洋自由貿易圏」は、域内の経済成長を促す基盤として、より重要性を増すはずであります。
 そして、「繁栄」を追求するためにも、地域全体の「安定」が欠かせません。
 域内のルールメークの基盤となるのが、開放的な地域協力です。ASEANとの間で進めている域内の連結性強化の取組はその一例であり、これを、改革が進んでいるミャンマーを経て、成長著しい南アジア地域まで繋げることによって、更なる地域の発展が期待できます。
 我が国は、今後とも、東アジア首脳会議やAPECなど様々な場を使って、域内の秩序・ルールづくりに重層的に取り組み、アジア・太平洋の安全保障を高め、地域の安定に積極的な役割を果たしてまいります。」と述べました。

 

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.