本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年5月30日原子力発電所に関する四大臣会合

メイン画像:原子力発電所に関する四大臣会合であいさつする野田総理1

原子力発電所に関する四大臣会合であいさつする野田総理1

  • サムネイル:原子力発電所に関する四大臣会合であいさつする野田総理1
  • サムネイル:原子力発電所に関する四大臣会合であいさつする野田総理2

原子力発電所に関する四大臣会合であいさつする野田総理2

 平成24年5月30日、野田総理は総理大臣官邸で、第7回となる原子力発電所に関する四大臣会合を開催しました。

 野田総理は本日の議論を踏まえ、「大飯発電所3、4号機の再起動について、関西広域連合からは、原子力規制庁等の政府機関が発足していない中で、政府の安全判断が暫定的であることを踏まえた適切な判断を求めると声明をいただきました。関係自治体の一定のご理解が得られつつあると認識しております。政府は今回の事故を踏まえた、専門家の意見に基づき、安全性を慎重に確認してまいりました。
 あのような事故を防止できる対策と体制は整っております。再起動ありきではなく、あくまで安全性ありきであります。この原則が大前提であることは言うまでもありません。一刻も早く、昨日から審議が始まりましたけれども、新規制庁を実現させ、安全規制に関する国民の信頼を回復に万全を期していきたいと思います。それまでの間も、福井県の要請をしっかりと受け止め、大飯3、4号機の特別な監視体制を構築してまいります。東京電力福島原発事故という現実を踏まえ、今後の原子力行政に関して、国論が二分する中で、将来のエネルギー政策については、従来の方針に基づき、野田政権として責任を持って、回答を見いだしていきたいと考えております。
 ただし、単に夏の電力確保のためだけではなくて、エネルギー安全保障、あるいは電気料金の値上げによる国民の負担増の抑制など、日本の経済社会全体の安定と発展のため、原子力発電が引き続き重要であります。そのため、安全が確保された原発は、再起動させる必要があると思います。とりわけこれまで40年間にわたって、原子力発電所の安全確保に直接向き合い、電力の安定供給に貢献をしてこられた立地自治体である福井県おおい町に最大の敬意を表しつつ、ご理解を求めていきたいと思います。
 立地自治体のご判断が得られれば、それをもって最終的にはこの四大臣会合でしっかりと議論をし、最終的には総理大臣である私の責任で判断を行いたいと思います。」と述べました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.