本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年7月6日子ども・若者育成支援推進本部

メイン画像:子ども・若者育成支援推進本部であいさつする野田総理1

子ども・若者育成支援推進本部であいさつする野田総理1

  • サムネイル:子ども・若者育成支援推進本部であいさつする野田総理1
  • サムネイル:子ども・若者育成支援推進本部であいさつする野田総理2

子ども・若者育成支援推進本部であいさつする野田総理2

 平成24年7月6日、野田総理は国会内で、第4回となる子ども・若者育成支援推進本部会合を開催し、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにするための施策に関する基本的な計画(第2次)」について決定しました。

 本日の議論を踏まえ、野田総理は「子どもの健全な成長を促し、生きる力を育むための様々な施策が、政権交代後の一昨年7月にまとめた「子ども・若者ビジョン」の中に網羅されています。
 他方、インターネット環境や携帯電話の機能は日進月歩に進化し、若者を取り巻く環境の変化は激しいものがあります。
「ビジョン」は不断の見直し、変化に即応しなければなりません。そこで私から特にお願いをさせていただきたいのが、2点ございます。
 第一は、安心できる青少年のインターネット環境づくりでございます。子どもが新技術を吸収する力は大人の想像を超えます。携帯やスマホを持つ小・中学生も増加してまいりました。青少年を有害な情報から守る社会全体の取組に遺漏があってはなりません。今回の計画改定により、フィルタリングなどの体制を整備していただきたいと思います。
 第二に、子ども・若者支援策の再点検・バージョンアップでございます。現場の方が、若者当事者も入った有識者会議で、約1年をかけて議論していただきました。その改善提案や指摘を重く受けとめ、各大臣は今一度効果的に事業が行われているか、見直していただきたいと思います。」と述べました。

関連ワード

政策情報ポータル」のキーワード検索で検索

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.