本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年8月1日総理主催在京イスラム諸国外交団とのイフタール

メイン画像:総理主催在京イスラム諸国外交団とのイフタールであいさつする野田総理1

総理主催在京イスラム諸国外交団とのイフタールであいさつする野田総理1

  • サムネイル:総理主催在京イスラム諸国外交団とのイフタールであいさつする野田総理1
  • サムネイル:総理主催在京イスラム諸国外交団とのイフタールであいさつする野田総理2

総理主催在京イスラム諸国外交団とのイフタールであいさつする野田総理2

 平成24年8月1日、野田総理は総理大臣官邸で、在京イスラム諸国外交団とのイフタールを開催しました。

 野田総理は冒頭のあいさつで、「ケトランジ・アルジェリア大使をはじめとするイスラム外交団の皆様、来賓の皆様を官邸にお招きしイフタールを開催できることを喜ばしく思います。
 イスラムが異なる民族と国で受け入れられてきた理由の一つに、多様性への寛容の精神があります。世界の平和と安定の実現にとって、異なる文明間の相互理解の増進と多様性への寛容はますます重要となっております。
 本日のイフタールは我が国でイスラムの伝統の一端に触れる貴重な機会であり、豊かに育まれてきた我が国とイスラム世界との相互理解の一助となることを期待します。」と述べました。

関連ワード

政策情報ポータル」のキーワード検索で検索

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.