本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年8月1日政府・連合トップ会談

メイン画像:政府・連合トップ会談であいさつする野田総理1

政府・連合トップ会談であいさつする野田総理1

  • サムネイル:政府・連合トップ会談であいさつする野田総理1
  • サムネイル:政府・連合トップ会談であいさつする野田総理2

政府・連合トップ会談であいさつする野田総理2

 平成24年8月1日、野田総理は総理大臣官邸で、政府・連合トップ会談に出席しました。

 野田総理は冒頭のあいさつで、「一体改革については衆議院でも通過し、参議院でもご審議をいただいているところでございます。
 また、一体改革と同時に達成しなければいけないのが日本経済の再生でございます。
 7月30日に日本再生戦略、国家戦略会議でまとめることができました。
 ここの柱になります、グリーン、ライフあるいは農林漁業これと中小企業、こういう大きな柱立てをいたしまして、メリハリをつけた対応をしていきたいと思いますが、その試金石となるのが新年度予算編成でいかにこういうところに重点的に配分できるかだと思います。
 一体改革と経済再生とあわせて包括的にやらなければいけないのが政治改革と行政改革、まずは自分達の身を切る改革でございますが、政治改革については定数削減等々の中身を作った法案を今、衆議院で提出をしておりますのでこれについてもしっかりと結論が出るように成立ができるように頑張りたいと思いますし、行革については岡田副総理を中心に行革実行本部を作りまして、次々とメニューを打ち出し、そして実行していきたいと考えているところでございます。
 残る会期中、山積する様々な重要課題が前進するように全力を尽くしていきたいというふうに考えております。」と述べました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.