本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年8月7日新型インフルエンザ等対策有識者会議

メイン画像:新型インフルエンザ等対策有識者会議であいさつする野田総理1

新型インフルエンザ等対策有識者会議であいさつする野田総理1

  • サムネイル:新型インフルエンザ等対策有識者会議であいさつする野田総理1
  • サムネイル:新型インフルエンザ等対策有識者会議であいさつする野田総理2

新型インフルエンザ等対策有識者会議であいさつする野田総理2

 平成24年8月7日、野田総理は総理大臣官邸で開催された、第1回となる新型インフルエンザ等対策有識者会議に出席しました。

 本日の会議では、これまでの新型インフルエンザ対策の取組や新型インフルエンザ等対策特別措置法等について話し合われました。

 野田総理は冒頭のあいさつで、「危機管理は国が取り組まなければならない最大の基本的な責務でございます。新型インフルエンザは、その感染が拡がれば、国民の生命や健康のみならず、日々の暮らしや経済全体にも甚大な影響を及ぼすことになります。まさに危機管理の問題でございます。
 今国会で成立した特別措置法は万全を期すための大きな一歩だと思います。これから次のステップとして法律に基づく行動計画を作ります。
 お集まりの皆様は様々な専門分野の第一人者であり、同時に危機に際して現場で率先して行動していただきたい皆様でございます。新型インフルエンザの蔓延という国家的危機に際して、すべての関係者が迅速にかつ一丸となって対応できる環境を整えなければなりません。実効性のある行動計画を策定するために、皆様の英知を結集していただくように心からお願い申し上げます。」と述べました。

関連ワード

政策情報ポータル」のキーワード検索で検索

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.