本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年8月15日全国戦没者追悼式

メイン画像:全国戦没者追悼式で式辞を述べる野田総理1

全国戦没者追悼式で式辞を述べる野田総理1

  • サムネイル:全国戦没者追悼式で式辞を述べる野田総理1
  • サムネイル:全国戦没者追悼式で式辞を述べる野田総理2
  • サムネイル:全国戦没者追悼式で式辞を述べる野田総理3
  • サムネイル:全国戦没者追悼式で式辞後、一礼をする野田総理
  • サムネイル:全国戦没者追悼式で献花を受け取る野田総理
  • サムネイル:全国戦没者追悼式で献花をする野田総理

全国戦没者追悼式で式辞を述べる野田総理2

全国戦没者追悼式で式辞を述べる野田総理3

全国戦没者追悼式で式辞後、一礼をする野田総理

全国戦没者追悼式で献花を受け取る野田総理

全国戦没者追悼式で献花をする野田総理

 平成24年8月15日、野田総理は、天皇皇后両陛下御臨席の下、日本武道館で行われた「全国戦没者追悼式」に参列しました。

 毎年8月15日は、先の大戦において亡くなられた方々を追悼し平和を祈念するため、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とされています。

 式典には、野田総理をはじめ、衆議院議長、参議院議長、最高裁判所長官、関係団体の代表、遺族の方々など約6000人が参列し、先の大戦における全戦没者に対して追悼の誠を捧げました。

 野田総理は式辞の中で、「終戦から六十七年の歳月を経た本日、ここに、我が国は、不戦の誓いを堅持し、戦争の惨禍を繰り返すことのないよう、国際社会の一員として、国際平和の実現を不断に追求していくことを改めて誓います。
 また、我が国の安定と発展を願い続けた戦没者のためにも、私達は、東日本大震災からの復興を通じた日本再生という使命を果たしていかなければなりません。」と述べました。

 正午の時報を合図に参列者全員で1分間の黙とうを捧げ、続いて天皇陛下がおことばを述べられました。その後、衆議院議長、参議院議長、最高裁判所長官、戦没者遺族代表がそれぞれ追悼の辞を述べ、参列者による献花が行われました。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.