本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年8月17日行政改革実行本部

メイン画像:行政改革実行本部であいさつする野田総理1

行政改革実行本部であいさつする野田総理1

  • サムネイル:行政改革実行本部であいさつする野田総理1
  • サムネイル:行政改革実行本部であいさつする野田総理2
  • サムネイル:行政改革実行本部であいさつする野田総理3

行政改革実行本部であいさつする野田総理2

行政改革実行本部であいさつする野田総理3

 平成24年8月17日、野田総理は総理大臣官邸で、第8回となる行政改革実行本部を開催しました。

 本日の会合では、「行政改革に関する懇談会」の提言、行政事業レビュー結果の概算要求への確実な反映、政府CIO制度の推進体制、「独立行政法人の事務・事業の見直しの基本方針」平成24年度フォローアップ結果及び改善等を要する事項について話し合われました。

 野田総理は冒頭のあいさつで、「行政改革には政権交代以来、事業仕分けの実施、国家公務員給与の削減、独法改革、特会改革など、一生懸命取り組んできたところであり、こうした取組みとその成果について、国民の皆さまに十分理解していただけるよう努めていかなければなりません。その一方で、こうした取組みは、ここまでやれば十分ということはなく、まさに終わりなき事業、常にやり続けなければならない事業であります。先ほど概算要求組み替え基準を閣議決定しましたが、行政事業レビューについては、岡田副総理を中心に政務レベルでのヒアリングを行ってきており、各府省においては事業の見直しを行い、概算要求に確実に反映をしていただきたい。」と述べました。

関連ワード

政策情報ポータル」のキーワード検索で検索

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.