本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年8月30日国と地方の協議の場

メイン画像:国と地方の協議の場であいさつをする野田総理1

国と地方の協議の場であいさつをする野田総理1

  • サムネイル:国と地方の協議の場であいさつをする野田総理1
  • サムネイル:国と地方の協議の場であいさつをする野田総理2

国と地方の協議の場であいさつをする野田総理2

 平成24年8月30日、野田総理は総理大臣官邸で開催された、国と地方の協議の場に出席しました。

 本日の会議には、国側から岡田副総理・内閣府特命担当大臣(行政刷新)・社会保障・税一体改革担当大臣、藤村内閣官房長官、川端総務大臣・内閣府特命担当大臣(地域主権推進)、安住財務大臣、古川国家戦略担当大臣、小宮山厚生労働大臣が、地方側からは6団体の代表者が出席し、社会保障制度改革への地方の意見の反映、地域経済・雇用対策、地域主権推進大綱について協議されました。

 野田総理は冒頭のあいさつで、「今年度も地方自治に影響を及ぼす国の政策につきまして、地方の皆様との協議を大切にしてまいりたいと考えております。
 本日は、3つのテーマについてご協議をいただきます。
 まず、社会保障制度改革につきましては、先般、社会保障・税一体改革関連法案が成立したところですが、今後も地方側の皆様からのご意見をいただきながら、しっかりと進めていきたいと考えております。
 また、経済・雇用対策についても、引き続き積極的に推進をしていくため、地方の実情に即したご意見をぜひお伺いしたいと思います。
 さらに、地域主権推進大綱については、具体的な作成作業を始めるに際しまして、地方側の皆様からのご意見をお伺いをしたいと考えております。
 本日の協議では、皆様から多くのご意見をいただき、実りあるものとなることを期待しています。」と述べました。

関連ワード

政策情報ポータル」のキーワード検索で検索

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.