本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年10月19日原子力防災会議

メイン画像:原子力防災会議であいさつする野田総理

原子力防災会議であいさつする野田総理

  • サムネイル:原子力防災会議であいさつする野田総理
  • サムネイル:原子力防災会議

原子力防災会議

 平成24年10月19日、野田総理は総理大臣官邸で、第1回となる原子力防災会議を開催しました。

 本日の会議では、原子力防災会議運営要領(案)及び原子力防災会議幹事会幹事の指名について議論された後、原子力災害対策指針の検討状況と方向性、原子力災害対策マニュアル、地域防災計画(原子力災害対策編)作成マニュアルの検討状況ついて報告が行われました。

 野田総理は冒頭のあいさつで、次のように述べました。

 「原子力については、安全性を確保し、それをさらに高めていく努力を不断に追求していかなければなりません。そのため、先月には、原子力規制委員会が発足し、現在安全規制の抜本的な見直しが進められているところであります。
 これに加えて、安全神話に陥ることなく、万が一の事故等に至った場合をしっかりと想定し、各省庁の垣根を越えた防災体制を築き上げていくことも重要であります。
 この原子力防災会議は、今回の原子力規制委員会とともに新たに創設され、各省庁間の連携・協力の推進のみならず、地域の防災対策の充実など、平時からの原子力防災について総合的な取組を進める場であります。本会議の各議員の皆様方におかれては、原子力防災の充実・強化にしっかりと取り組み、国民の不安を解消し、万全の備えをしていただきたいと思います。」

関連ワード

政策情報ポータル」のキーワード検索で検索

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.