本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年10月30日予算編成に関する政府・与党会議

メイン画像:予算編成に関する政府・与党会議であいさつする野田総理1

予算編成に関する政府・与党会議であいさつする野田総理1

  • サムネイル:予算編成に関する政府・与党会議であいさつする野田総理1
  • サムネイル:予算編成に関する政府・与党会議であいさつする野田総理2
  • サムネイル:予算編成に関する政府・与党会議であいさつする野田総理3

予算編成に関する政府・与党会議であいさつする野田総理2

予算編成に関する政府・与党会議であいさつする野田総理3

 平成24年10月30日、野田総理は総理大臣官邸で、第1回となる予算編成に関する政府・与党会議を開催しました。

 政府・与党会議は、議長である内閣総理大臣の下、政府・与党一体となって平成25年度予算編成に取り組むために設置され、グリーン、ライフ、農林漁業の分野に係る施策をはじめ「日本再生戦略」に関連する施策に係る特別重点要求・重点要求について、重複を排除するなど、予算配分の重点化を図ることとしています。

 本日の会議では、実務者会合の設置が決定され、今後の会議の運営について話し合われました。
 野田総理は冒頭のあいさつで、次のように述べました。

 「平成25年度予算においては、中期財政フレームに定められた歳出の大枠、71兆円を順守していくとともに、その中で日本再生戦略を踏まえ、我が国経済の再生、成長に資する分野に予算を重点配分配分していくため、歳出全体の見直し、メリハリのついた配分を実現していく必要があります。
 こうした考えのもと、本日、予算編成に関する政府・与党会議の第1回目にお集まりをいただきました。
 本日の会議において、実務者会合を設置し、特別重点要求、重点要求をはじめとした歳出の見直しに向け、重点的に予算配分をすべき項目、歳出を削減すべき項目の選定などにご尽力いただきたいと思います。
 政府・与党が一体となって重点的、戦略的な予算編成を行いたいと考えておりますので皆様のご協力を改めてお願いいたします。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.