本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年11月2日総合科学技術会議

メイン画像:総合科学技術会議であいさつする野田総理

総合科学技術会議であいさつする野田総理

  • サムネイル:総合科学技術会議であいさつする野田総理
  • サムネイル:山中教授からiPS細胞の説明を受ける野田総理

山中教授からiPS細胞の説明を受ける野田総理

 平成24年11月2日、野田総理は総理大臣官邸で、第105回となる総合科学技術会議を開催しました。

 本日の会議では、「科学技術イノベーションを巡る課題」を議題として、京都大学の山中伸弥教授による発表が行われ、その後、意見交換が行われました。

 野田総理は本日の議論を踏まえ、以下のように述べました。

 「今日ご説明頂いた課題というのは、iPS細胞を活用して、再生医療を実現するとか、新たな治療薬を開発するという課題ではあると思うのですが、それに留まらず、科学技術イノベーションを推進する上での、ある種普遍的な課題だと受け止めなければならないと思いますし、その課題を克服することが、第2の「山中教授」、第3の「山中教授」を我が国から次々と生み出していく、その環境整備になるのではないかと受け止めさせていただきました。
 その上で、3点、政府が一丸となって推進してほしい取組を指示をさせていただきたいと思います。
 第一に、iPS細胞を用いた再生医療を実現するために、次期通常国会で薬事法を改正するなど関連法制の整備を行うとともに、安全規制面での基準整備、倫理面の検討を加速すること。
 第二に、日本の研究の中核となる大学などにおいて研究環境の大胆な改革を進め、必要な研究支援人材群の確保を進めること。
 第三に、独創的なアイディアや技術を持つ若手研究者を育成・発掘するため、新たな採択方式の採用など、研究費の改革を行うこと。
 このような取組を通じまして、国家戦略の主要な柱である科学技術イノベーションを強力に推進し、iPS細胞をさらにサポートしていきますが、それに続く、新たなるイノベーションを幅広い分野で生み出していくように皆様と共に知恵を出していきたいと思っております。」

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.