本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年10月8日ノーベル生理学・医学賞 内閣総理大臣コメント

 京都大学の山中伸弥教授に本年のノーベル生理学・医学賞の受賞が決定しましたことに、心からお慶び申し上げます。

  今般の受賞は、再生医療や新薬開発など、医療全般での応用が期待される「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」の作製に関する御業績が、国際的に高く評価されたものであり、我が国の学術水準の高さを世界に堂々と示すものです。
 被災地で復興を目指す方々をはじめ、全国で数限りない方々が受賞に目を輝かせ、勇気づけられることと思います。
 先生の受賞に、心から敬意を表するとともに、日本人の一人として誇りに思っております。
 
 人類の叡智たる科学技術の進歩は、我が国が東日本大震災からの復興や成長力の強化といった課題に取り組んでいく上で不可欠であり、また、国際社会や人類全体の未来のため、我が国ができる大きな貢献です。
 先生に続くような、世界に雄飛する人材をしっかりと育んでいくとともに、今後とも、科学技術の振興に努めてまいります。


平成24年10月8日
内閣総理大臣  野 田 佳 彦

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.