本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年1月26日2012年ダボス会議サイドイベント「ジャパン・ナイト」 野田総理ビデオメッセージ

 Good evening, ladies and gentlemen. This is Yoshihiko Noda, the Prime Minister of Japan.

 I would like to express my deepest appreciation for your warm support for Japan and the Japanese people, in light of the disasters last year.

 宇宙から夜の日本列島を眺めると、大震災の直後、東北の被災地周辺には暗がりしか見えず、一時的に「光」が失われたことがはっきりと分かったと言います。しかし、大震災から10ヶ月あまりを経た今、着々と「光」を取り戻して、復興は着実に進んでいます。

 世界各国からの温かい支援を受け、被災地のインフラや経済は確実に立ち直りつつあり、首都圏を含めた被災地以外では、震災前の日常が戻っています。多くの日本企業は驚異的なスピードで復旧を果たし、サプライチェーンは完全復活を遂げました。

 東京電力福島原発の事故についても、昨年末、原子炉の冷温停止状態を達成し、もはや日本でビジネスを行う大きな障害とはなっていません。大震災後の日本は、今、人類の最先端の課題に改めて挑戦する歴史的な役割を担っています。

 一つ目は、財政規律を維持しながら、持続可能な成長を目指す挑戦です。特に日本では、人類史に例を見ない長寿社会への挑戦を伴います。世界の各地で、民主主義が苦悩を深め、政治が、構成員の利益になることを迅速に「決められない」状況があります。時に国家を凌駕せんとするグローバルな金融市場の力は、容赦なく襲ってきます。欧州債務危機がその最たる例です。現在の日本社会では、政治の強固たる意思と実行力さえあれば、改革に向けた社会合意は生み出せると私は考えています。私は、日本で持続可能な社会保障制度を構築し、財政規律を維持するための大きな改革を必ずや実現します。

 二つ目に、我が国の中長期的な成長を考える上で、ダイナミックな成長を遂げるアジア太平洋地域の活力を最大限に取り込んでいくことが欠かせません。我が国は、この地域のルールづくりに積極的に貢献します。その皮切りがアジア太平洋自由貿易圏の実現です。昨年は、TPP交渉参加に向けて関係国との協議に入るという決断をいたしました。日中韓、ASEAN、日EUを含め、高いレベルの経済連携のネットワークを同時並行的に推進し、大震災からの復興のエネルギーを、開かれた新たな成長の力へと転化させていきます。

 三つ目は、 文明に光をもたらすエネルギー制約への挑戦です。震災後の原子力発電所の停止に伴って生じた電力需給の逼迫という新たな試練は、新たなイノベーションを呼び込むチャンスに転換できると考えています。再生可能エネルギーの拡大、蓄電池、スマートグリッドなど効率的なエネルギー管理を進める新たなシステムの導入、省エネルギー文化の進化などを進め、引き続き日本はこの分野で世界をリードしていきます。

 以上の課題に加え、グローバル化の加速により、その他様々な分野で地球規模の課題が生じ、人間の安全保障を根底から脅かしています。日本としては、経済成長と環境が両立するグリーン経済への移行及び人間一人ひとりが活躍できる人間の安全保障の実現を通じ、光り輝く未来を創造していきたいと考えています。2月6日、7日、東京において「世界文明フォーラム2012」を開催いたします。「世代間公正の実現」をテーマとして、世界の英知を結集した討論を行うものであり、ダボス会議と両輪となすものとしたいと思っております。

 困難な状況を乗り越えて成長していく希望の光。国際社会との関係を深める絆の光。そして、エネルギー制約などの諸課題を克服する技術の光。今の日本を特徴づけるこれらの要素は全て、今夜の「ジャパン・ナイト」のテーマである「光」に象徴されています。

 この「光」が、世界の進む道を照らす「道標の灯り」となり、日本を再生することを通じて、より良き世界に貢献していきたいと思います。そうした「願い」と「決意」を申し上げ、私の挨拶といたします。

 We shall overcome these challenges. In so doing, we aspire for the "lights of Japan" to act as a beacon for a brighter world for everyone. Thank you for helping us in these most difficult times, and for joining us tonight.

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.