本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年6月6日内閣総理大臣謹話

(平成二十四年六月六日)

 寬仁親王殿下の突然の御訃報に接し、驚きと悲しみの念を禁じ得ません。

 殿下には、三笠宮殿下の御長男としてお生まれになり、皇族として、障害者福祉、スポーツ振興、青少年育成、国際親善等様々な分野にわたり、幅広い貢献をしてこられました。

 取り分け、心身に障害を持つ方々や、難病等の方々が、自立して社会参加できるよう、身障者と健常者が一体となって「共に生きる」社会基盤づくりのため、啓蒙・実践両面の活動に御尽力してこられました。

 様々な機会に国民と飾ることなく親しく接せられる殿下に、国民は深い敬愛の念を抱き、引き続き積極的な御活動を望んでいたところ、思いもむなしく薨去されましたことは、誠に痛惜の思いに堪えません。

 皇室を始め御近親の方々の深いお悲しみをお察し申し上げ、ここに、国民と共に、謹んで心から哀悼の意を表するものであります。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.