本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成24年7月18日「知って肝炎」キックオフ・ミーティング 野田内閣総理大臣ビデオメッセージ

 みなさん、こんにちは。内閣総理大臣の野田佳彦です。

 ウイルスによって引き起こされる肝炎は、肝硬変や肝がんにつながる深刻な感染症です。しかし、寡黙で働き者の肝臓は、なかなか自覚症状を訴えてくれません。このため、自分が感染していることに気づいていない方々が、国内にも数百万人の規模でおられます。

 ウイルス性肝炎の多くは、血液を介して感染します。日常生活で他人からうつることはまずあり得ません。検査や治療の体制も整ってきています。

 大事なことは、第一に、正しい知識を身につけること。第二に、予防や早期発見・早期治療に取り組むことです。一昨年から施行されている「肝炎対策基本法」に基づき、国も総合的な対策を進めています。

 かけがえのない大切な「いのち」を守り、肝炎に苦しむ人がいなくなる日を一日も早く迎えるために。皆さんに訴えます。

 肝炎を正しく知りましょう。そして、行動の輪を広げましょう。

 今年初めて「日本肝炎デー」が設けられました。この日、7月28日がこうした機運を盛り上げる、大きな国民運動のキックオフとなることを心から期待しています。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.