活力ある社会 top
●景気対策
  ▽

平成21年度補正予算で行われる予定の経済危機対策で、生活者の雇用や生活はどのように改善されるのか教えてください。(平成21年6月11日)

  ▽

21年度予算で行われる経済緊急対策について詳しく教えてください。(平成21年4月9日)

  ▽

昨年12月、麻生総理は現下の経済情勢への緊急対策として「生活防衛のための緊急対策」を指示しましたが、今年度中に実施される施策について詳しく教えてください。(平成21年3月5日)

●雇用
  ▽

失業者に対する「緊急人材育成支援事業」が始まったそうですが、具体的内容について教えてください。(平成21年8月6日)

  ▽

新しい年度を迎え労働・雇用情勢は一層厳しい状況にあります。政府が今行っている雇用対策はどうなっているのでしょうか。(平成21年4月2日)

  ▽

政府は、働く人全体の所得や生活水準の引き上げ、格差の固定化を防止するためにどのような対策をとっていくのでしょうか。(平成19年5月31日)

  ▽

「再チャレンジの推進」を政府は掲げていますが、長く定職についていないフリーターなどの就職対策についてどのように支援していくのですか。(平成18年10月19日)

  ▽

仮に失敗しても何度でも再チャレンジができ、「勝ち組」「負け組」が固定されない社会の仕組みを作るため、政府はどのように取り組んでいくのですか。(平成18年7月6日)

  ▽

若者を巡る雇用情勢は、依然として厳しい状況があります。政府が「若者の自立・挑戦のためのアクションプラン」の強化・拡充策を決定したとのことですが、その内容について教えてください。(平成18年4月6日)

  ▽

フリーターや働く意欲のない無業者(いわゆるニート)などの若年者が問題となっていますが、政府は若年者の雇用問題に関してどのような対策を行っているのですか教えてください。(平成17年8月4日)

●行財政改革
  ▽

公務員制度改革の工程表が決定されましたが、詳しく内容を教えてください。(平成21年3月19日)

  ▽

今在る公益法人を一般法人と公益法人に分離する法律が施行されたとのことですが、その目的・効果は何ですか。(平成20年12月25日)

  ▽

防衛省は高度な軍事機密を伴うことから装備品の納入は随意契約になりがちで、それにより不祥事が起きました。この随意契約は防衛省に限らず各省庁でも行われていると思いますが、できるだけ減らしていくべきではないでしょうか。(平成20年1月24日)

  ▽

押しつけ的な斡旋による再就職が官製談合の温床だと思います。押しつけ的な天下りは公務員制度改革により本当に無くなるのですか。(平成19年8月30日)

  ▽

政府は行政改革の一つの柱として、22年度までの5年間に国の行政機関の定員を約1万9千人純減する取組を進めているようですが、その進捗状況を教えてください。職員の配置換えなど行われたりするのですか。(平成19年7月26日)

  ▽

財政再建に向け政府資産の圧縮が重要と言われていますが、政府としてどのように進めていくのか教えてください。(平成18年9月14日)

  ▽

無駄な支出が行われたり不要な事業が行われていると言われている特別会計について、行政改革推進法を受けどのように見直されるのですか。(平成18年9月7日)

  ▽

政府では、公共サービスを「官」と「民」が競争して決める市場化テストの導入を進めているそうですが、市場化テストとはどのようなものなのですか。(平成18年8月31日)

  ▽

行政改革推進法の成立を受け、国家公務員の総人件費改革が行われるとのことですが、どれくらい公務員の数が削減されることになるのですか。また、これにより業務サービスの低下を招くことにはならないのでしょうか。(平成18年8月24日)

  ▽

独立行政法人の見直しが必要だといわれていますが、そもそも独立行政法人とはどのような団体ですか。また、行政改革推進法の成立を踏まえ、独立行政法人の見直しを行うのですか。(平成18年8月17日)

  ▽

政府は、8つある政府系金融機関を1つにするとの方針を示していますが、行政改革推進法の成立を受けどのように改革を進めるのですか。(平成18年8月10日)

  ▽

地方で働く国家公務員の給与を、実態に即した給与水準に見直すといっていましたが、見直しは行われたのですか。また、地方公務員の給与についても教えてください。(平成18年8月10日)

  ▽

国家公務員に対し多額の退職金が支給されて大きく報道されることがありますが、公務員の退職金算定はどのような仕組みになっているのですか。(平成17年1月13日)

●税制
  ▽

6月から住民税が増えましたが、どうして住民税を増やすのですか。増税は納得できません。(平成19年8月10日)

  ▽

毎年自動車税の納税通知書が届くと思い出すのですが、自動車を持っているとなぜ税金がかかるのですか。また、自動車税はどのような仕組みで、どのようにして税額を決定しているのかを教えてください。(平成17年7月28日)

  ▽

新潟県中越地震やスマトラ沖津波などの被災地域を支援するために寄付をしたいのですが、税制上の優遇措置はあるのでしょうか?(平成17年2月24日)

●道路特定財源
  ▽

道路特定財源の見直しに関する具体策が閣議決定されましたが、実際、道路特定財源の一部はどこに使われることとなるのですか。(平成19年4月26日)

  ▽

最近、道路特定財源の見直しという話題がありますが、道路特定財源とはどのようなもので、どのように使われているのですか。また、なぜ、見直しの議論がなされるのですか教えてください。(平成17年9月22日)

●金融
  ▽

多重債務問題を解決するため「貸金業の規制等に関する法律の一部を改正する法律」が公布されましたが、どのような対策を講じるものとなっているのか解りやすく説明してください。「貸し渋り」により廃業に追い込まれたり、多重債務者が違法なヤミ金融の被害に遭うことはありませんか。(平成19年5月31日)

  ▽

金融システムと金融行政に対する信頼を回復するため、平成16年度末に主要行の不良債権比率を半分程度に低下させるとの目標が立てられていたと思いますが、現在の不良債権処理の進捗状況を教えてください。(平成19年5月31日)

  ▽

ペイオフ解禁とは、どういうことですか。また、平成17年4月以降ペイオフが解禁されたと聞きましたが、万が一金融機関が破たんした場合には、預金者の保護はどのようになるのですか。(平成18年6月22日)

  ▽

以前、小泉内閣メールマガジン(第70号)の中で、無担保、無保証で融資を行ってくれる国民生活金融公庫の「新創業融資制度」のことについて触れていましたが、どういう内容のものですか。(平成17年10月27日)

  ▽

今度新しく変動金利制などを採用した個人向け国債というものが発行されました。元本保証、変動金利などのメリットがあるということでとても人気が高いようですが、リスクや、元本割れするケースなどは本当にないのでしょうか。(平成15年6月5日)

  ▽

自己破産をする人が結構いるということですが、そもそもどういう制度なのでしょうか。(平成14年4月5日)

●イノベーション
  ▽

イノベーションという言葉をよく聞きますが、政府はイノベーションによる日本の将来像をどのように描いているのですか。(平成19年4月19日)

●IT
  ▽

インターネット上の違法・有害情報対策の包括的パッケージとして総務省が策定した「安心ネットづくり」促進プログラムについて教えてください。(平成21年3月26日)

  ▽

2011年にテレビの地上放送デジタル化が完了します。なぜ地上放送デジタル化が必要なのですか。また、緊急地震速報伝達時間の遅延や廃棄テレビの問題についてはどのような対策を考えているのか教えてください。(平成20年12月4日)

  ▽

国税の電子申告・納税システムがあると知りました。内容を教えてください。(平成20年11月6日)

  ▽

役所の利便性を高め無駄を省くことにつながる国のIT化について、現在、どのようなことになっているのでしょうか。(平成20年9月11日)

  ▽

青少年に有害なインターネット情報を規制する法律が成立したそうですが、いつからどのように規制されるのですか。(平成20年8月28日)

  ▽

最近ダビング10という言葉をよく聞きます。何のことか教えてください。(平成20年8月7日)

  ▽

迷惑メールに困っています。受信に同意をしていないのに、一方的に送ってくるメールもあります。何とかしていただけないでしょうか。(平成20年5月1日)

  ▽

ユビキタス特区事業が発表されましたが、この事業でどのようなことが行われるのか教えてください。(平成20年3月13日)

  ▽

インターネットなどを利用して行政手続きを行う、電子行政サービスの利用が低迷しているようですが、もっと利用しやすいようにするためにどのような検討をしているのですか。(平成20年2月14日)

  ▽

私の住んでいる田舎では、高速のADSL、CATV、光ファイバなどのブロードバンドサービスが受けられません。ICT時代といわれる中で都会だけでなく、地方でもサービスが受けられるようにしてください。(平成19年2月1日)

  ▽

「ユビキタス」という言葉を耳にしますがどういう意味ですか。ユビキタスネットワークの進展により私たちの生活はどのように変わるのですか。(平成18年11月9日)

  ▽

ウィニーというファイル交換ソフトを介して情報が流出する被害が政府機関を始め相次いでいます。政府は機密情報や個人情報の流出防止についてどのような対策を行っているのですか。(平成18年3月30日)

  ▽

重要インフラのシステム障害や個人情報漏えいが多発している中、情報セキュリティ対策の強化の必要性が高まっていますが、政府としてどのような取り組みを行うのですか。(平成18年3月30日)

  ▽

地上テレビ放送のデジタル化を進めると聞きましたが、どのようなスケジュールですか。また、メリットは何ですか。(平成17年3月10日)

●農政
  ▽

農政に関する改革の検討が行われていますが、どこまで進んでいるのでしょうか。(平成21年5月28日)

  ▽

地球温暖化により西日本を中心に米、果物などの農産物の被害が広がっているようですが、何か対策をお考えですか。(平成20年2月7日)

  ▽

日本の農産物は味や品質において優れていると思います。農産物の輸出も積極的に取り組むべきではないでしょうか。(平成18年12月27日)

●地方分権
  ▽

政府の道州制に関する議論はどこまで進んでいるのでしょうか。また、地方分権との関係はどうなっているのでしょうか。(平成21年3月12日)

  ▽

道州制について議論されていますが、道州制を導入する効果や具体的なメリットについて教えてください。(平成18年11月2日)

  ▽

地方分権を一層推進するため、市町村合併を推進していますが、その必要性は何ですか。また、市町村合併の推進状況と今後どのように推進していくのかを教えてください。(平成18年8月3日)

  ▽

「道州制のあり方に関する答申」が出されましたが、この道州制はそもそもなぜ必要なのでしょうか。また答申の内容についても教えてください。(平成18年5月18日)

●都市・地方再生
  ▽

「地域活性化」が課題となっています。政府は地域の再生のため、どのような取組を行っているのですか。(平成21年2月12日)

  ▽

地域活性化のためITを活用したプロジェクト「にっぽんe物産市」について教えてください。(平成21年1月15日)

  ▽

夕張市のほかにも財政が深刻な市町村の自治体があることを知りました。自治体の財政が破綻する前に、国が未然に防ぐことはできないのでしょうか。(平成19年5月10日)

  ▽

夕張市が財政破たんをしましたが、夕張市の再建に向けて政府は今後どのように対応することとなるのですか。(平成19年1月19日)

  ▽

郊外の大型店の出店により、地方都市の中心部にある商店街はさびれています。高齢化社会の到来に備え、車に乗れない高齢者でも暮らしやすい街づくりが求められていますが、政府はどのようにお考えでしょうか。(平成18年5月11日)

●中小企業の支援
  ▽

総理は、町工場を訪れ「痛くない注射針」を視察されましたが、このような技術を持っている人材の確保や育成、新産業への支援などどのように行うのか教えてください。(平成18年4月20日)

  ▽

景気がなかなか上向かない中で頑張っている中小企業に対する中小企業再生支援策というものがあると聞きましたが、具体的な内容、また、手続きなどはどうすればいいのかを教えてください。(平成15年12月22日)

  ▽

中小企業や個人を対象とする「民事再生法」という法律が施行されていると聞きましたが、その内容、メリットなどを分かりやすく教えてください。(平成14年4月1日)

●観光
  ▽

観光庁が発足して新しい認定制度(観光圏)ができたそうですが、どのようなものですか。(平成20年11月20日)

  ▽

観光庁ができると聞きましたが、政府の組織として観光庁をつくることにどのような意義があるのでしょうか。(平成20年4月17日)

  ▽

最近、日本を訪れる外国人観光客が増えていますが、国内の環境整備が大事だと思います。都市部での多言語表示などを見かけますが、国はいままでどのような整備を行って来て、今後、どのような整備を行っていくのか教えて下さい。(平成17年12月22日)

●その他
  ▽

先の国会で公文書管理法が成立しましたが、この法律を作った理由・目的・内容を教えてください。(平成21年9月3日)

  ▽

政府がCO2排出削減のため策定した「総合物流施策大綱」について教えて下さい。(平成21年8月20日)

  ▽

液晶テレビ、パソコン、自動車などにはレアメタルと呼ばれる金属が使用されていて、レアメタルはハイテク分野では欠かせないものであることを知りました。また、このレアメタルは将来入手が困難になることも知りました。政府はどのようにしてレアメタルの安定供給の確保をするのか取り組みを教えてください。(平成20年2月21日)

  ▽

公文書に対する管理がずさんだと思います。資料的価値の高い公文書を誤って廃棄・紛失することのないよう、政府はどのような対策を行うのですか。(平成20年3月19日)