司法制度改革審議会

法科大学院(仮称)構想に関する検討会議(第8回)議事要旨



1 日 時  平成12年7月31日(月)13:00〜16:00

2 場 所  霞が関東京會舘「シルバースタールーム」

3 出席者(敬称略) 

(協   力   者)小島武司(座長)、井田 良、伊藤 眞、加藤哲夫、田中成明、金築誠志、川端和治、清水 潔、房村精一
(司法制度改革審議会)井上正仁、鳥居泰彦、山本 勝、吉岡初子
(事   務   局)工藤高等教育局長、合田隆史大学課長

4 会議経過
(1)事務局より資料確認が行われた。
(2)座長より、第7回議事要旨(案)の取扱いについて説明があり、8月4日(金)までに意見があれば事務局まで連絡の上、修正し、最終的には座長へ一任することが了承された。
(3)8月7日の司法制度改革審議会集中審議において報告する「検討会議における議論の整理」(概要)(案)について、次のような意見交換が行われた。

(法曹として備えるべき資質、能力と法曹養成の基本理念)

(今後の法曹養成のための法学教育の在り方)

(標準修業年限)

(教育内容・方法)

(入学者選抜・学生定員)

(教員組織)

(多様な設置形態と適正配置)

(資力が十分でない入学者に対する援助/財政基盤の確立)

(法科大学院と司法試験/司法(実務)修習)

5 次回の日程
 次回は8月11日(金)10:00〜12:00、東海大学校友会館「富士の間」において開催されることとなった。