各検討会の議事内容等

司法アクセス検討会(第1回) 議事概要

(司法制度改革推進本部事務局)
※速報のため、事後修正の可能性あり



1 日時
平成14年1月30日(水)14:00〜16:00

2 場所
司法制度改革推進本部事務局第1会議室

3 出席者
(委 員)亀井時子、高橋宏志、西川元啓、長谷川逸子、長谷部由起子、原田晃治、飛田恵理子、三輪和雄、山本克己(敬称略)
(事務局)山崎潮事務局長、松川忠晴事務局次長、大野恒太郎事務局次長、小林久起参事官

4 議題
  1. 座長の選任等
  2. 検討の進め方についての協議
  3. 今後の日程等

5 配布資料
資料1 司法アクセス検討会名簿
資料2 司法アクセス検討会での主な検討事項
資料3 関係基本法令(略)
資料4 裁判所データブック2001(略)
資料5 民訴費用制度等研究会報告書(略)
資料6 法律扶助制度研究会報告書(略)
資料7 日本弁護士連合会報酬等基準規程(略)
資料8 (財)法律扶助協会平成12年度事業報告書(略)

6 議事
(1) 事務局長挨拶
検討会の開催に当たり、山崎事務局長から挨拶がなされた。

(2) 座長の選任
委員の互選により、高橋委員が座長に選出された。

(3) 議事の公開
協議の結果、議事の公開について、当面、次の取扱いとすることとなった。

(4) 検討事項及び検討の進め方
事務局から、本検討会における主な検討事項(資料2)と検討の進め方について説明がなされた。
これに対して、次のような質疑応答がなされた(○:委員、●:事務局)。

○ 司法制度改革審議会意見書の「裁判所へのアクセスの拡充」の項には、「少額多数被害への対応」として団体訴権の導入についての記載があるが、個別の実体法において検討されるべきであるとされていることから、推進本部で取り上げる事項ではないという整理がされているという理解でよろしいか。
● 基本的には、各個別実体法において検討が進められると承知しているので、推進本部としては、そういった動きを見守らせていただきたいと考えている。

○ 少額訴訟手続の上限の大幅引上げは、推進本部では取り扱わないということか。
● 法制審議会で現在検討が進められているところであり、当検討会では検討する予定はない。

○ アクセス・ポイントの充実は、検討事項の6の「その他」の中で検討されるということであるが、是非検討をお願いしたい。また、裁判所の夜間・休日サービス、裁判所の配置についても、司法へのアクセスということではかなりのポイントがあると思われるので、これらについてもいっしょに検討していただきたい。
● 司法の利用相談窓口・情報提供が審議会の意見書の総論部分でも例示されていたことから、その他の検討事項の中でも重要性が高いと考え例示として説明した。裁判所の利便性の向上に関するそれ以外の事項を検討事項から除外する趣旨ではない。

(5) その他
裁判所へのアクセスの拡充の課題等について、委員間で次のような意見交換が行われた。

(6) 今後の日程等
今後の検討会は、次の日時に開催することとなった。

第2回 2月27日(水) 15:00〜17:00

第3回 3月27日(水) 15:00〜17:00

第2回は、裁判所等を実際に視察することとし、第3回から提訴手数料について検討に入ることとされた。

(以上)