集中審議第2日配付資料

「弁護士の在り方」について(要旨)

2000,8,8
石井宏治


T はじめに

U 総論

1 理想の弁護士像

2 現実の弁護士像

3 弁護士改革の視点

V 各論

1 弁護士へのアクセス拡充

(1) 法曹人口の適正な増加

(2) 弁護士過疎への対応

(3) 弁護士情報の公開

(4) 弁護士費用(報酬)

2 法律サービスの質の向上

(1) 事務所形態の多様化

(2) 法曹養成及び継続教育

(3) 弁護士の業務範囲の見直し

3 弁護士の意識改革と弁護士会改革

(1) 弁護士の意識改革

 @ 公益性の自覚(弁護士の活動領域の拡大等)
 A エリート意識・縄張り意識からの脱却
 B サービス提供者であることの自覚
 C 積極的に外へ目を向ける意識(国際性)
 D 弁護過誤訴訟の容易化、一般化(仲間意識からの脱却)

(2)弁護士会改革

 @ 弁護士会運営への国民の参加
 A弁護士法30条3項の許可制度の廃止
 B 懲戒制度の見直し(国民の参加,司法審査の双方向性)
 C 弁護士会の指導・監督権限の強化

W おわりに