平成26年10月1日
内閣官房

データカタログサイト「DATA.GO.JP」の本格版への移行について

本日、10月1日(水)からDATA.GO.JPをこれまでの試行版から本格版に移行します。

 政府は、民間企業等による公共機関のデータの利活用を通じ、@経済の活性化、新事業の創出、A官民協働による公共サービスの実現、B行政の透明性・信頼性の向上を図る観点から、公的機関が保有するデータ、を民間企業等が編集・加工しやすい形で公開する「オープンデータ」の取組を推進しているところです。
 オープンデータの取組の一つの柱として、各府省庁が公開する公共データの横断的検索を可能とするデータカタログサイト「DATA.GO.JP」の整備を推進しており、2013年12月から試行版を立ち上げて運用を行ってきたところですが、本日から、本格版に移行します。

 DATA.GO.JPの本格版においては、試行版における、府省のデータを横断検索機能、API (Application Programing Interface)機能、関連の取組のリンク情報、利用者からの意見受付の機能に加え、試行版の運用段階で寄せられた利用者からの意見等を踏まえ、
@トップページにおける検索窓の追加や、複数の検索ワードによる検索の精度の向上などのユーザーインターフェイスの改善
Aデータの更新時に利用者に通知する機能の追加
BG8オープンデータ憲章(2013年6月、G8サミットで合意)における優先分野(「選挙」「犯罪と司法」「国際開発」等)を追加
などの改善を図っています。

(別添)データカタログサイトDATA.GO.JP本格版について(PDF
(リンク)データカタログサイトDATA.GO.JP

 (問い合わせ先)
 内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室 大竹、丸山
 電話:03-6910-0256