起業家精神を創発するIT関連施策パッケージ」
最新版に関係する各施策ページへのリンク

「起業家精神を創発するIT関連施策パッケージ」最新版に対して、具体的な実施内容やその成果(実施中を含む)等がWeb公開されている取組について、本ページからリンクを張っていますのでぜひご覧ください(正式決定文書:本体(PDF)PDF概要(PDF)PDF)。なお、本ページは、パッケージが改版されるたび、パッケージの内容及びリンク先を更新いたします。

【第二版】


1.ITを活用した起業家精神の創発・ネットワーク化の推進に係る施策群

※ITを活用することによる、女性・若者を含む起業・社会参加の促進とネットワーク化を支援するとともに、中小企業におけるITの利活用やネットワーク化の促進を通じたビジネス支援を行う。

(1)起業家精神創発に向けたITを活用した情報提供、ネットワーキング活動の支援

<全体方針>

起業家精神創発に向け、起業家、中小・ベンチャー企業に対して、ITを通じた情報提供、連携の推進を行う。また、そのような中で、今後、全国各地で行われている起業家精神創発に係る各種の取組・ネットワーキング活動について、ITを活用して、それらの活動のネットワーク化を図るなどの支援する方策(後援名義の提供、各種取組のリスト化・公開を含む)について検討する。
KPI:中小・ベンチャー企業に対する支援ポータルのアクセス数 
国による後援・リスト化等を行った活動数 など

<現在実施中あるいは検討中の個別施策>

(2)ITを活用した起業家創出・社会参加の促進の推進(クラウド(Crowd型)事業関連施策)

<全体方針>

女性・若者を含む起業家創出・社会参加の促進の観点を活用する観点から、クラウドファンディング、クラウドソーシングなど、ITを活用したクラウド(Crowd)スタイルの事業を推進する。 その中で、国の事業を通じたこれらの事業の推進の方策(例えば、国の調達におけるクラウドソーシング利用に係るガイドライン策定など)について検討する。
KPI:クラウドソーシングの市場規模、クラウドファンディングの成立額
国としてのクラウドファンディング、クラウドソーシングの利用数

<現在実施中あるいは検討中の個別施策>

(3)中小企業におけるIT利活用の支援

<全体方針>

中小・ベンチャー企業等における、ITの利活用を通じたビジネスの効率化/新事業創出を促進するため、中小企業等におけるIT機器の導入、ネットワーク環境の整備、IT利活用によるビジネスモデルの普及等を推進する。
KPI:中小企業におけるIT利用比率、クラウド(Cloud)利用比率など

<現在実施中あるいは検討中の個別施策>

2.データを利活用した新たなアイデアの創出の促進に係る施策群

※ アイデアソン、ハッカソンなどにより、データを活用したプログラマー・起業家候補者等の新たなビジネス創出、社会的課題の解決に向けたソリューションに係るアイデアの創出を促進する。その際、「3.データ利活用環境の整備」と連携して行う。

<全体方針>

プログラマー、起業家候補者等によるデータ・ITを活用した新たなビジネス創出、社会的課題に向けたソリューションに係るアイデアの創出を促進するため、ビジネスモデル、アイデアソン、ハッカソン、プログラミングコンテストなどの各種事業に関して、官民が連携して推進するとともに、マッチングを推進する。 また、これらをより効率的に進める方策(体系化と優秀者に対する賞金、内閣総理大臣賞等の付与、各種ベンチャー推進策との連携などを含むマッチング機能)について検討する。
KPI:ハッカソン、アイデアソン等への総参加者数
アイデアとニーズのマッチング成立件数
オープンデータを活用して開発されたアプリケーション数 など

<現在実施中あるいは検討中の個別施策>

3.オープンデータを含むデータ利活用環境の整備に係る施策群

※ データを活用した新産業・ビジネスの創出を促進するため、公共データに係るオープンデータ化を推進するとともに、民間企業の保有するデータについても、企業・分野を越えてデータを共有・活用する環境を整備し、官民・社会全体としてデータが円滑に流通・活用されるような体制の整備を行う。

<全体方針>

公共データについて、ビジネスや官民協同のサービスでの利用がしやすいように、API等による活用側の利便性を意識したデータ提供を重視しつつ、オープンデータ化を引き続き推進、拡充する。 また、民間企業保有のデータ等であって、必ずしもオープンデータ化できないようなデータについても、分野横断的に社会全体として円滑に流通し、利活用されるようにするため、官民によるデータ流通基盤に係る環境整備についての検討を行う。 具体的には、情報流通連携基盤共通API(総務省)や共通語彙基盤(経済産業省)等の既存の取組を踏まえつつ、行政分野に加え、交通分野、防災分野、観光等地域分野、エネルギー分野など各種横断的な分野での情報連携・流通が可能となるような、アーキテクチャーの在り方、共通ID等の在り方、データ接続・標準の在り方(APIなど)、利用・共有等に係る一般ルールの整備等の在り方について検討を行う。
KPI:データカタログサイトに掲載されるデータセット数、アクセス数・ダウンロード数
民間企業を含むデータプラットフォームの整備の状況と参加者数

<現在実施中あるいは検討中の個別施策>

4.ITベンチャーの創出・育成の推進に係る施策群

※ 大企業とベンチャー企業との連携や専門家等とのネットワーキング活動、シリコンバレーとの連携を推進するとともに、国としても調達等を通じITベンチャー企業の活用を積極的に推進し、ITベンチャーの創出とIT産業の変革を促進する。

(1)ITベンチャー創出に向けた連携の推進

<全体方針>

既存の各種ベンチャー育成施策と連携しつつ、研究開発資金の提供に加え、VCやベンチャー支援関係者とのネットワーク・連携支援を行うこと等を通じて、IT・データを活用したベンチャー企業の育成、発展を支援する。
KPI:VCの支援を受けたベンチャー企業数 など

<現在実施中あるいは検討中の個別施策>

(2)シリコンバレー等の海外エコシステムの活用・連携強化

<全体方針>

ITベンチャーの育成にあたって、国内で閉じた支援を行うだけではなく、世界的な起業還流システム(エコシステム)が整っているシリコンバレーを始めとする世界の他のエコシステムの活用を広げ、”頭脳循環”の促進により日本初のビジネスイノベーションの創出やグローバル展開を強化する。
KPI:シリコンバレーなど海外での事業展開を進めるベンチャー企業数 など

<現在実施中あるいは検討中の個別施策>

(3)国のIT調達等を通じたITベンチャー育成の推進

<全体方針>

ITベンチャーの支援にあたって、研究開発・事業化に係る補助金・委託費の支援を行うだけでなく、国のIT調達への参入の促進を通じた支援を検討する。また、資金面を通じた支援においても、補助金・委託費を通じた支援だけではなく、アワード型(プライズ型)の支援制度など、より競争的で画期的な開発を進めたベンチャーを支援する多様な制度を構築する。
KPI:国のIT調達の見直しの検討状況、ITベンチャーの調達参加数
国のベンチャー支援に係る多様な制度の導入状況 など

<現在実施中あるいは検討中の個別施策>

5.IT人材の裾野拡大に向けた取組に係る施策群

※ ITを利活用し、問題解決を行う人材を育成するため、若年層に対するプログラミング教育を強化するとともに、ITを活用した教育・人材育成の取組を推進する。

(1)若年層に対するプログラミング教育の推進

<全体方針>

初等・中等教育段階からプログラミングや情報セキュリティ等のIT教育を推進する。
KPI:初等・中等教育段階におけるプログラムに関する指導事例の収集数、教員が情報モラルについて指導する際に役立つ動画教材のアクセス数

<現在実施中あるいは検討中の個別施策>

(2)ITを活用した教育の推進

<全体方針>

遠隔教育等ITの利活用により、地理的・時間的制約を受けることなく、離島を含め国内外のあらゆる場所で全ての国民が、自由に学べる環境を整備する。
KPI:学校におけるICT環境整備状況

<現在実施中あるいは検討中の個別施策>

(以上)


ページトップへ戻る