米国主催「北極科学技術大臣会合」について

 平成28年9月28日(水)、米国ワシントンDCにおいて、米国ホワイトハウス主催「北極科学技術大臣会合」が開催され、北極評議会メンバー8か国、日本を含めたその他の14か国、EU、先住民団体6団体が参加しました。日本からは、松本洋平内閣府副大臣(海洋政策担当)が出席しました。

 同会合では、北極に関する科学を取り巻く課題とその地域的・全球的影響、北極観測と観測データの共有、北極の科学的理解の促進等について議論が行われ、会合の成果として北極に関する科学技術協力強化の重要性等を訴える共同声明が発表されました。

会合参加者の写真(提供:ホワイトハウス)

会合参加者の写真(提供:ホワイトハウス)

○ 共同声明 [PDF]

○ 共同声明(仮訳) [PDF]