海洋再生可能エネルギー実証フィールドの選定について

平成29年6月29日
内閣府総合海洋政策推進事務局


1.概要
 昨日、海洋再生可能エネルギー実証フィールドとして、鹿児島県十島村口之島・中之島周辺の海域を選定しましたので、お知らせいたします。

2.詳細
 海洋再生可能エネルギー実証フィールド(以下「実証フィールド」という。)は、「海洋再生可能エネルギー利用促進に関する今後の取組方針」に基づき、今後の実用化が期待される潮流や波力などの海洋エネルギーによる発電の実証実験を行う海域です。これまでに5県7海域を実証フィールドに選定してきました。
 鹿児島県十島村口之島・中之島周辺の海域については、平成26年2月に鹿児島県から提案を受けていましたが、審査要件の1つである「海域の利用の見込み」がその時点では不確定であったことから、「利用者の確定が確認された時点で実証フィールドに選定する」としていました。
 今般、鹿児島県から、同海域を利用して実証実験を行うこととなった旨報告があり、「海洋再生可能エネルギー利用促進検討委員会」及び「海洋再生可能エネルギー利用促進助言会議」での審査の結果、同海域が「利用者が見込まれる」との要件に適合することを確認したため、昨日、実証フィールドに選定しました。

都道府県海域エネルギーの種類
鹿児島県十島村 口之島・中之島周辺 海流

 これで我が国の海洋再生可能エネルギー実証フィールドは6県8海域となりました。



図表等を含めた資料全文につきましては、海洋再生可能エネルギー実証フィールドの追加選定についてをご参照下さい。