首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 カテゴリーなし
 トップ会議等一覧観光立国懇談会観光立国懇談会報告書 [印刷用(pdf)]


観光立国懇談会の開催について

平成15年1月14日
内閣総理大臣決裁
  1. 趣旨
     国際交流の増進、我が国経済の活性化の観点から、自然環境、歴史、文化等観光資源を創造し、再発見し、整備し、これを内外に発信することによって、我が国が観光立国を目指していくことが重要となっている。
     これまで様々な取組みがなされてきているが、例えば、日本人海外旅行者数が約1,600万人であるのに対し、訪日外国人旅行者数が約500万人にとどまっていることに見られるように課題も多く、国として統一的な方針の下、戦略的に取り組んでいくことが必要である。
     このため、幅広い観点から、我が国の観光立国としての基本的なあり方を検討するため、「観光立国懇談会」(以下、「懇談会」という。)を開催する。

  2. 構成
    (1)懇談会は、別紙に掲げる有識者により構成し、内閣総理大臣が開催する。
    (2)内閣総理大臣は、有識者の中から懇談会の座長を依頼する。
    (3)懇談会は、必要に応じ、構成員以外の関係者の出席を求めることができる。

  3. その他
     懇談会の庶務は、関係行政機関の協力を得て、内閣官房において処理する。






(別紙)

観光立国懇談会メンバー


青山 佳世フリーアナウンサー
石森 秀三国立民族学博物館民族社会研究部長・教授
木村 尚三郎東京大学名誉教授
小島 明日本経済新聞社専務取締役
佐藤 友美子サントリー株式会社不易流行研究所部長
島田 晴雄慶應義塾大学経済学部教授、内閣府特命顧問
高階 秀爾東京大学名誉教授
福川 伸次財団法人地球産業文化研究所顧問、株式会社電通顧問
藤井 宏昭国際交流基金理事長
マリ・クリスティーヌ異文化コミュニケーター
山本 寛斎デザイナー、プロデューサー
  
(50音順)
  
注)役職については、平成15年4月現在。