内閣官房
内閣府

Regulatory Sandbox in Japan
新技術等社会実装推進チーム
(規制のサンドボックス制度 政府一元的総合窓口)

革新的事業活動評価委員会の情報はこちら

What's NEW
How to Apply
Testing Project

新着情報 What's NEW

2019/4/22規制のサンドボックス制度認定案件が公表されました。
2019/4/18革新的事業活動評価委員会(第6回)を開催しました。
2019/4/8規制のサンドボックス制度認定案件が公表されました。
2019/4/4革新的事業活動評価委員会(第5回)を開催しました。
2019/3/6規制のサンドボックス制度認定案件が公表されました。
2019/2/28革新的事業活動評価委員会(第4回)を開催しました。
2019/1/18規制のサンドボックス制度認定案件が公表されました。
2019/1/17革新的事業活動評価委員会(第3回)を開催しました。
2018/12/26規制のサンドボックス制度認定案件が公表されました。
2018/12/25革新的事業活動評価委員会(第2回)を開催しました。
2018/8/30革新的事業活動評価委員会(第1回)を開催しました。
根拠法令等に様式を追加しました。
2018/6/15規制のサンドボックス制度の基本方針を掲載しました。
15th June 2018Basic policy of Regulatory Sandbox scheme in Japan
(Only Japanese, English version will be updated later.)
2018/6/6規制のサンドボックス制度 政府横断一元的窓口を開設。
6th June 2018Regulatory Sandbox scheme in Japan is Opened.

申請・相談方法 How to Apply

規制のサンドボックス制度に関するお問い合わせや案件相談は、こちらのフォームよりお申し込み下さい。

直接お電話にてお問い合わせされる場合は、以下までご連絡ください。
Please Contact the Regulatory Sandbox team for further information.

新技術等社会実装推進チーム連絡先 (日本経済再生総合事務局内)

03−5253−2111(代表) 内線84812
03−3581−0769(直通)

規制のサンドボックス制度の基本方針 pdf
Basic policy of Regulatory sandbox scheme in Japan (Japanese)

規制のサンドボックス制度は国内企業だけでなく、海外の企業も対象の制度です。
なお、海外の企業様は日本貿易振興機構(JETRO)経由でも相談を受け付けています。

Regulatory Sandbox is a scheme not only for domestic companies but also for companies overseas.
We accept your application through JETRO Office in each country.

認証プロジェクト一覧 Testing Project

No.事業者名
Company
実証期間
Term to testing
実証概要
Project Summery
主務省庁公表
Publication by the
competent ministries
1パナソニック株式会社平成31年4月1日〜
平成31年6月30日
実証概要資料経済産業省公表資料
2株式会社MICIN平成30年12月26日〜
平成31年3月15日
実証概要資料厚生労働省公表資料
3株式会社Crypto Garage平成31年1月21日〜
平成32年1月20日
実証概要資料金融庁公表資料
4株式会社カウリス
関西電力株式会社
平成31年3月18日〜
平成31年6月30日
実証概要資料個人情報保護委員会公表資料
経済産業省公表資料
5株式会社エンビプロ・ホールディングス
株式会社しんえこ
平成31年4月10日〜
平成32年4月9日
実証概要資料環境省公表資料
6サスメド株式会社平成31年4月22日〜
平成32年9月30日
実証概要資料厚生労働省公表資料
経済産業省公表資料

よくある質問 FAQ

Q1.規制のサンドボックスとは何のために設置された制度なのか?
What is Regulatory Sandbox?
A1.卓越した新技術や新ビジネスモデルを社会実装したく当該制度を設立しています。
(It is a new scheme to implement new outstanding technology / businessmodel to the society.)
 
Q2.日本のサンドボックス制度の特徴は?
(What is the feature of Regulatory Sandbox in Japan?)
A2.どのような産業分野に関連するプロジェクトでも応募可能です。
(Regulatoy Sandbox in Japan is open to ideas for the "testing project" involving any industrial sector.)
 
Q3.誰がこの制度を使えるのか。
(Who can use this scheme?)
A3.どのような企業でも応募いただけます。
(The scheme is open to any company.)
 
Q4.一つのPJでどのくらいの期間まで実証できるのか。
(How long can single project hold on for?)
A4.情報や資料を取得するために必要な期間を原則としています。
実証内容に照らして、適切な期間を設定してください。(例えば3ヵ月や6ヵ月など)
(Principally, up to appropriate period to obtain enough information and materials from the project. Please set an appropriate period considering the content of the project. {e.g.: 3months, 6months})
 
Q5.実証を行う際に、補助金はあるのか。
(Are there any subsidies for the the Sandbox scheme?)
A5.サンドボックス制度活用に関する特別な補助金の制度はありません。
(There is no specific subsidy for this scheme.)
 
Q6.制度について詳しい質問や相談したい場合はどうしたらよいか?
(Where can I ask further questions or seek consultation the Sandbox scheme?)
A6.サンドボックス制度の活用をご検討される場合には、一元的窓口へのご相談をおねがいいたします。
(If you are considering to apply for the Sandbox scheme, please contact the Regulatory Sandbox Team.)
 
Q7.認定件数に制限はあるのか。
(Is there a limit on the number of certification?)
A7.認証数に制限は設けていません。プロジェクト毎に内容を審査し、認証を判断します。
(There is no limits on the number of certifications.)

ページトップへ戻る


内閣府

Innovative Technology/Businessmodel Evaluation
Committee for Regulatory Sandbox in Japan

革新的事業活動評価委員会
(プロジェクト型 規制のサンドボックス制度
第三者委員会、及びその検討状況について)

委員名簿 Members of the Committee

 革新的事業活動評価委員会委員名簿

開催状況

回数開催日議題・会議資料関係
第1回平成30年8月31日 1.委員長の選出
2.評価委員会の運営について(運営規則案、調査審議の視点案等)
第2回平成30年12月25日 1.新技術等実証計画の認定申請書(案件1)について
2.新技術等実証計画の認定申請書(案件2)について
第3回平成31年1月17日 1.新技術等実証計画の認定申請書について
第4回平成31年2月28日
(書面による審議)
1.新技術等実証計画の認定申請書について
第5回平成31年4月4日 1.新技術等実証計画の認定申請書について
議事次第  配布資料  議事要旨
第6回平成31年4月18日 1.新技術等実証計画の認定申請書について
議事次第  配布資料  議事要旨

根拠法令等
(Underlying Law) Sorry, these contents are Japanese only

各府省庁等 推進部局一覧
(List of promotion departments at the ministries) Sorry, these contents are Japanese only

ページトップへ戻る