明治150年とは

平成30年(2018年)は、明治元年(1868年)から起算して満150年の年に当たります。この「明治150年」をきっかけとして、明治以降の歩みを次世代に遺すことや、明治の精神に学び、日本の強みを再認識することは、大変重要なことです。このため、政府においては、こうした基本的な考え方を踏まえ、「明治150年」に関連する施策に積極的に取り組んでいます。

  • 「明治150年」ロゴマーク

    「明治150年」ロゴマーク

    「明治150年」関連施策をはじめとする各種取組を行う際に、事前に、以下の使用申請登録フォームに使用者、使用目的等を入力していただければ、データをダウンロードして使用いただけます。

    ダウンロードサイト 別ウィンドウが開きます
    (「明治150年」に向けた取組み)

  • 「明治150年」チラシ

    「明治150年」チラシ

    イベントで配布いただいたり、明治時代にちなんだ施設に置いていただけるよう「明治150年」チラシを作りました。適宜、ダウンロードしてご使用く下さい。

    ダウンロード

    • 当ダウンロードページ上のチラシは、自由にダウンロード・複製いただけます(営利目的を除きます)。
    • 内閣官房はこのページのファイルをダウンロードまたはご利用いただきましたことにより生じるいかなる損害につきましても何ら責任を負うものではありません。

基本的な考え方

  • 明治以降の歩みを次世代に遺す

    • 明治以降、日本は近代化の歩みを進め、国の基本的な形を築き上げた。
    • 明治以降の日本の歩みを改めて整理し、未来に遺すことにより、次世代を担う若者にこれからの日本の在り方を考えてもらう契機とする。

    ※「明治以降の歩み」
    立憲政治・議会政治の導入、国際社会への対応、技術革新と産業化の推進、女性を含めた教育の充実 など

  • 明治の精神に学び、更に飛躍する国へ

    • 明治期においては、能力本位の人材登用の下、若者や女性が、外国人から学んだ知識を活かし、新たな道を切り拓き、日本の良さや伝統を生かした技術・文化を生み出した。
    • これらを知る機会を設け、明治期の人々のよりどころとなった精神を捉えることにより、日本の強みを再認識し、現代に活かすことで、日本の更なる発展を目指す基礎とする。

    ※「明治の精神」
    機会の平等、チャレンジ精神、和魂洋才 など

施策の方向性

明治以降の歩みを次世代に遺す施策

明治期に関する文書、写真等の資料の収集・整理、デジタル・アーカイブ化の推進 等

明治の精神に学び、更に飛躍する国へ向けた施策

日本の各地域ごとに、明治期に活躍した若者や女性、外国人を掘り起こして光を当てることにより再認識するとともに、建築物の公開など、当時の技術や文化に関する遺産に触れる機会を充実すること 等

今後、各府省庁において、具体的な関連施策の実現に向けて積極的に取り組んでいく。併せて、広報などの充実を図りつつ、地方公共団体や民間も含めて多様な取組が日本各地で推進されるよう、明治150年に向けた機運を高めていく。