写真で振り返る「明治」の記憶

函館

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。超高精細画像は出典元のWebサイトへのリンクとなります。

  • 函館港のパノラマ(1-1)

    函館港のパノラマ(1-1) 超高精細画像

    函館山山腹から撮影された函館港と市街の3枚続きの写真の中央部分である。明治11、12年(1878、1879)後の街区改正により、山側から海へと向かう大きな道路が整備されている様子が伺える。港内には倉庫が建ち並んでいることが分かる。明治20年(1887)函館の渡辺熊四郎という商人が営業倉庫業を開始したのがはじまりで、その後函館の基幹産業の一つとして確立していく。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 函館港のパノラマ(1-2)

    函館港のパノラマ(1-2) 超高精細画像

    函館山山腹から撮影された函館港と市街の3枚続きの写真の左側である。右端の林の港内よりの一帯は、もともと寺社が建ち並んでいた場所であるが、住宅などが密集している。中央左寄りにある黒い島のようなものは、安政年間に五稜郭とともに、函館の港の防衛のために築かれた弁天岬台場(明治以降は旧弁天砲台)である。この一帯は明治29年(1896)からの港湾改良工事によって埋め立てられ市街地化した。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 函館港のパノラマ(1-3)

    函館港のパノラマ(1-3) 超高精細画像

    函館山山腹から撮影された函館港と市街の3枚続きの写真の右側である。当時の函館の中心街が写されている。写真右端に見える大きな建物は西本願寺函館別院で、その前を願乗寺川という川が流れていたが、埋め立てられて道路となった。写真中央付近に建ち並ぶ倉庫群付近の堀割も一部埋め立てられた。写真左側白く目立った建物は、明治19年(1886)に竣工した町会所で、市内商人の集会所的な施設である。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 函館港のパノラマ(2-1)

    函館港のパノラマ(2-1) 超高精細画像

    函館市街の5枚続きのパノラマの左から3枚目。手前左の建物はイギリス人トムソンが経営していた造船所。その後方の煙突はイギリス商人ブラキストンが経営していた蒸気機関を利用した製材所である。煙突の上にみえる建物は明治8年(1875)9月に開庁した裁判所である。裁判所の坂をはさんだ右側は協同館という建物で、明治4年(1871)に開拓使が賓客を迎えるために外国人住居を買い上げたものである。

    撮影年代:
    明治初期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 函館港のパノラマ(2-2)

    函館港のパノラマ(2-2) 超高精細画像

    函館市街の5枚続きのパノラマの一番左側。明治9年(1876)7月16日から18日の間、明治天皇が函館を訪れた際の写真。五稜郭の堀などから伐りだした氷を貯蔵する氷室(現在の函館駅南側付近)の屋根からの撮影と思われる。左端奥の建物は開拓使によって建てられた徒刑場。立待岬と重なった部分に見える望楼のある建物は、明治5年(1872)の芸娼妓解放令を受けて、開拓使函館支庁が芸娼妓の授産施設として開設した女紅場である。

    撮影年代:
    明治初期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 函館港のパノラマ(2-3)

    函館港のパノラマ(2-3) 超高精細画像

    函館市街の5枚続きのパノラマの左から2枚目。中央下付近に横長の建物が4棟並んでいるが、これは開拓使が明治5年(1872)から7年(1874)にかけて造られた常備倉である。常備倉は、米などの非常備蓄を行う倉庫で、建造にあたって函館近郊で製造されたレンガが使用されている。常備倉の屋根越しにみえる和風旅館のようにみえる建物は武蔵野楼という遊郭である。

    撮影年代:
    明治初期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 函館港のパノラマ(2-4)

    函館港のパノラマ(2-4) 超高精細画像

    函館市街の5枚続きのパノラマの左から4枚目。山の中腹にみえる建物は愛宕社という神社である。その左下望楼のある建物は開拓使函館支庁で、建物は享和年間に建てられた箱館奉行所の建物を利用している。中央付近の林の間にみえる白い建物は明治4年(1871)に建てられた函館病院である。函館病院の右側に広がる林には浄玄寺・称名寺・実行寺が立ち並んでいる。海岸にある白っぽい大きな建物は税関である。

    撮影年代:
    明治初期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 函館港のパノラマ(2-5)

    函館港のパノラマ(2-5) 超高精細画像

    函館市街の5枚続きパノラマの右端。中央左寄りの黒い林には高龍寺と神明社が建っていた。中央右寄りの低く黒い部分は安政年間に築造された弁天岬台場である。函館港は水深が浅く、大型船が着くことのできる岸壁がなかったので、沖がかりしている様子が分かる。こうした船のうち左奥の船は明治天皇が乗ってきた御召艦の明治丸である。弁天岬台場の右側には当時の船の主流を占めていた弁財型の和船が係留されている。

    撮影年代:
    明治初期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 函館港の遠景

    函館港の遠景 超高精細画像

    写真中央から左にかけて林があることから、明治11年(1878)以前であることが分かる。この林は明治11年の大火で焼失した。林の右側の白い建物は函館病院である。撮影は現在の船見町と弥生町の境付近からで、明治9年(1876)7月に明治天皇が東北巡幸後函館を訪れた際のものではないかと思われる。港内の大型船は同年7月16日から18日まで碇泊した明治丸と思われる。明治丸の右下の建物は天皇が上陸した税関である。

    撮影年代:
    明治初期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 徳川方軍艦回天丸ノ残骸

    徳川方軍艦回天丸ノ残骸

    旧幕府脱走軍艦隊の最後の船として戦った軍艦回天は、1869(明治2)年5月11日箱館港沖においては、浅瀬に乗り上げ浮砲台となって、激戦の末新政府軍によって焼き棄てられた。その後しばらく残骸として残されていた姿を撮影したものである。水上に浮かんでいる下甲板などが見える。1922(大正11)年、根室の陶山清武氏が所蔵していた写真を複製され、紺野松次郎氏によって図書館に寄贈された。

    撮影年代:
    明治2年
  • 箱館奉行所

    箱館奉行所

    五稜郭は城郭ではあるが、天守閣、櫓など旧来の城郭建築はなかった。中心にあったのは奉行所である。他の奉行所同様、箱館奉行所も市街地にあったが、幕府は外国の脅威を感じて、郊外に移し、堀、石垣を築いて戦いに備えた。箱館戦争で大砲が命中し、その後取り壊された。この写真は明治元年に写されたといわれているが、図書館には写真の他図面も残り、それらを基に平成22年再建された。

    撮影年代:
  • 五稜郭伐氷図

    五稜郭伐氷図

    寒冷地北海道にある五稜郭の堀は、冬季には今でも結氷する。明治初頭では堀の氷はきれいで、真冬は「函館氷」として切出されていた。1871(明治4)年の夏には、五稜郭産の氷が東京、横浜でも売り出された。この年の移出量は670トンで翌年には1061トンと産出量もほぼ倍増している(『イギリス領事報告』国立国会図書館蔵)。これらはいずれもイギリス、アメリカの外国商船で横浜に輸送されていた。

    撮影年代:
  • 土方歳三

    土方歳三

    新選組副長だった土方歳三は各地を転戦し、蝦夷地に渡り箱館戦争を戦った。半年近くにわたった箱館滞在中に、田本写真館で撮影したと言われる肖像写真である。写真には「箱館市中取締 裁判局頭取」とある。土方は新選組残党をはじめ、旧幕府軍を率いて激戦を続けたが、降伏を前に、箱館市中と五稜郭の間にあった一本木関門付近で、官軍兵士に狙撃されて戦死したと伝えられている。

    撮影年代:
  • フランス軍士官と旧幕府脱走軍士官

    フランス軍士官と旧幕府脱走軍士官

    箱館戦争中撮られた写真である。徳川幕府に要請され、フランス軍は士官と下士官を軍事顧問団として派遣した。顧問団は幕府軍の訓練にあたっていたが、1年もたたずして幕府は瓦解した。本国からの帰国命令に反してブリュネ中尉、カズヌーヴ伍長ら数人の軍人は榎本武揚に追随し箱館戦争を戦った。彼らと共に箱館に来た旧幕府脱走軍の中でも身分の高かった松平太郎も写った貴重なものである。

    撮影年代:
  • 松前福山城

    松前福山城

    日本最北の城松前福山城は、蝦夷地を統治していた松前家の居城である。17代崇広によって天守閣が築かれ、城郭として完成した。幕末に近い時期天守閣を作ったのは、外国の脅威に備えたものだったが、日本式の築城としては最後のもの。この写真が撮られた明治4年にはまだ城は全て健在だったが、その後天守閣、本丸御門を除き取り壊された。しかし、残った天守閣も1949(昭和24)年焼失し、現在は復元天守閣が建っている。

    撮影年代:
  • 新島先生渡来の図

    新島先生渡来の図

    同志社の創立者として著名な教育者新島襄は、安中藩士の子として江戸で生まれた。蘭学を学び、更に欧米文化を学ぶため元冶元年箱館から密航しアメリカに渡った。この写真は、1870(明治3)年米国アーモスト大学在学中、卒業を前に渡航時の扮装をして見せたものといわれている。その後新島譲は、1874(明治7)年帰国し、政府の官職には就かず翌年京都に同志社を設立し、キリスト教精神による教育をめざした。

    撮影年代:
  • 松前勘解由銀板写真複写

    松前勘解由銀板写真複写

    開港を迫り来航したペリー艦隊は、1854(安政元)年、箱館にも来ていて、その際撮られた日本では最初期の写真である。松前藩の首席応接使として対応した松前勘解由とその一行が写されている。松前勘解由は松前藩家老で、画家として有名な蠣崎波響の孫にあたる。ペリー一行とはのらりくらりとしたやり取りで、こんにゃく問答といわれている。勘解由は明治維新の直前、藩内のクーデターで蟄居謹慎となり自刃した。

    撮影年代:
  • 弁天砲台

    弁天砲台

    明治元年頃撮影された写真である。徳川幕府は、日米和親条約を締結し、箱館は開港することになった。そのため、箱館港警備は課題となり、台場を造り防御することになった。弁天崎台場はその時築造され、砲台も設置された。箱館戦争では、新政府軍の戦艦甲鉄と激しい砲戦がおこなわれ、激戦の末守備隊は降伏した。台場は、1896(明治29)年港湾改良工事により取り壊され、跡地には函館ドックの造船所が建設された。

    撮影年代:
  • 函館病院 門外より正面

    函館病院 門外より正面

    1860(万延元)年箱館医学所として創設された函館病院は、北海道内最古の病院である。この写真は1881(明治14)年建てられ1900(明治33)年焼失した病棟である。この間、公立函館病院から区立函館病院に名称が変わった。箱館戦争時は高松凌雲が赴任し、敵味方の区別なく治療したのは有名である。函館病院は、その後何度も建て直され、現在は港町に移転し、市立函館病院として地元医療の中心となっている。

    撮影年代: