写真で振り返る「明治」の記憶

長崎

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。超高精細画像は出典元のWebサイトへのリンクとなります。

  • 風頭からの港町

    風頭からの港町 超高精細画像

    風頭山から長崎市街地南部を撮影した写真である。写真中央の中島川河口に新大橋が架けられているので、明治2年(1869)以降。写真右の長崎県庁の場所に近代的な県庁舎が建てられていないので、明治9年以前の写真である。東山手、梅香崎、新地、築町、出島にかけて、大規模な倉庫や商館が立ち並び、外国貿易の最前線であったことが伺える。長崎市中心部の建物は、依然として伝統的な木造の建物である。

    撮影年代:
    明治初期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 梅香崎洋館群と出島

    梅香崎洋館群と出島 超高精細画像

    梅香崎の丘から出島を望む。中島川河口は変流工事が終了し陸続きになっている。その横に明治22年(1889)架設の出島橋が見える。出島2番の旧カピタン部屋の場所に、明治35年(1902)に新築されたボーデンハウスが見える。中央鐘楼の建物はイギリス聖公会神学校。出島後方は新県庁舎。手前梅香崎は、左から順に、1番長崎郵便局、2番デンマーク大北電信長崎局、3番日本郵船である。

    撮影年代:
    明治後期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 大浦海岸通り

    大浦海岸通り 超高精細画像

    大浦海岸通りの洋館群。右の橋は明治22年前後に架替えられた下り松橋(松ヶ枝橋)で、元の橋は明治3年(1870)に架けられた。建物は右から大浦11番ドイツ領事館、次の10番は外国人の社交場であった長崎クラブ、9番は2棟あってスタンダード・オイル、8番は空き地で7番はホーム・リンガー商会、6番はイギリス領事館、5番はジャディ・マセソン商会とヴェランダ付き2階建て洋館が続いている。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 長崎ホテル

    長崎ホテル 超高精細画像

    明治31年(1898)9月1日、居留地時代最大で最新の設備と格式を誇った長崎ホテルが誕生した。居留地における本格的な大規模煉瓦造建築の幕開けを飾るものであった。設計は東京大学建築学科創設時に初代教授としてイギリスから招聘され、退官後も日本で設計事務所を開いていたJ.コンドルといわれる。海岸通りには、ガス灯と電柱の両方が立ち、人力車と客待ちの車夫の姿が見える。

    撮影年代:
    明治後期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 大浦川沿い

    大浦川沿い 超高精細画像

    当時の大浦川河口部は幅広の掘割状で、小舟の係留場所となっていた。石積みの護岸に沿ってガス灯が立つ河岸道路が延び、そこには客待ちの人力車が並ぶ。道路沿いの洋館は、左側の2棟が大浦13番、右手の1棟が14番のものである。背後の山手中央の洋館は、明治19年(1886)に東山手9番地に設立されたスチィル記念学校(明治24年に東山学院と改称)で、現在はグラバー園に移築保存されている。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 本籠町商店街

    本籠町商店街 超高精細画像

    大浦居留地と長崎の繁華街を結ぶ本籠町から船大工町の外国人向け商店街。明治30年(1897)頃である。右側手前の商店は金銀細工所の「イトキ」で看板がロシア語でも読める。左側手前の商店は写真・アルバム・額縁屋の「T.SHIRAYAMA」。店先に高鉾島や大浦海岸通等の写真が陳列されている。街路には人力車で来た外国人夫妻が、日本人紳士に案内され写真のポーズを取っている。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 興福寺開山堂と麹屋町

    興福寺開山堂と麹屋町 超高精細画像

    現在は麹屋町に統合された今紺屋町・中紺屋町の通りから寺町の方向を見たもの。画面中央にみえる重層の楼閣は、文政8年(1825)に、荒廃していた開山堂を併合した興福寺の観音堂である。突き当たりの寺町通りへの通路は斜路になっている。画面左手にも写る人力車の通行の便を考えてのことであろう。人力車の車夫や通行人、野次馬の子供たちの顔が写る夕景である。明治中期の撮影であろう。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 中島川の橋

    中島川の橋 超高精細画像

    中島川に架かる一覧橋(手前)と古町橋(奥)で、古町橋左側の手前には、東本願寺の末寺である向陽山光永寺がある。一覧橋の上には人力車と車夫,山高帽の男性,着物姿の男性、また橋の袂には街灯があり、明治を代表する風俗が見られる。一覧橋は、桶屋町と本紙屋町間に明暦3年(1681)唐通事の高一覧が架けた長さ18.0m、幅4.2mの唐風石橋である。光永寺には、幕末、中津藩の福沢諭吉が寄宿した。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 長崎港と中町教会

    長崎港と中町教会 超高精細画像

    長崎市街地北部と長崎港口を撮影した写真である。明治29年(1896)に建設された中町教会が写されている。明治32年(1899)7月17日外国人居留地が撤廃され、同年8月要塞地帯法が公布され、長崎市内の写真撮影が禁止された。したがって、撮影時期は明治29年(1896)から明治31年(1898)までの間である。幕末から撮影され始めた長崎市街地の写真が禁止される以前の最後の時期の1枚である。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。