写真で振り返る「明治」の記憶

横浜

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。超高精細画像は出典元のWebサイトへのリンクとなります。

  • 横浜本町通り(1)

    横浜本町通り(1) 超高精細画像

    左手の時計塔のある建物は、明治7年(1874)に建設された町会所(横浜貿易商組合会館)、いずれもアメリカ人建築家ブリジェンスの設計になる横浜駅・税関と並び、明治初期横浜三大洋風建築の一つとされる。明治39年(1906)に焼失した。明治42年(1909)の開港50周年を期して、跡地に新しい会館の建設が企画され、大正6年(1917)に落成したのが、開港記念横浜会館(現横浜市開港記念会館)である。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 横浜本町通り(2)

    横浜本町通り(2) 超高精細画像

    有力貿易商の店が軒を連ねる関内のメイン・ストリートである。堅固な造りの和風の商店が建ち並んでいる。なにかの記念日(旗日)なのか、日章旗が飾られている。右手の電信柱の向こう、白い鉄製の塀を持つ土蔵造りの建物は平沼専蔵の石炭屋で、横浜銀行の名で銀行業も営んでいた。のちに平沼銀行と名称を変える。左側の柱列は電灯線用である。明治23年(1890)以降、横浜共同電灯会社の手で架設された。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 横浜停車場

    横浜停車場 超高精細画像

    横浜停車場(現桜木町駅)は、アメリカ人建築家ブリジェンスの設計により、新橋停車場とともに明治4年(1871)に建設された。両者はほとんど同じ双子駅であった。明治6年(1873)には双子駅舎の二つの屋舎を結ぶ弓型連絡廊が造られたが、明治17年(1884)の台風で吹き飛ばされた。この写真はそれ以前の撮影。横浜停車場は、長らく横浜の陸の玄関口だったが、関東大震災で倒壊した。

    撮影年代:
    明治初期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 横浜税関

    横浜税関 超高精細画像

    日本大通りの突き当たりに建つ横浜税関。明治18年(1885)、有吉初熊の設計で新築された。6角の塔は市内各所から望むことのできるランドマーク・タワーであった。日本大通りは、慶応2年(1866)の大火後、ブラントンによる居留地再建計画の一環として、税関上屋と彼我公園(現横浜公園)の間に造成されたもので、防火帯を兼ねていた。歩車道の別があり、歩道と建物の間には前庭植樹帯が設けられた。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 弁天通り

    弁天通り 超高精細画像

    球灯で飾られたビジネス街の一画である。洲干弁天社の門前から続く道だったので、弁天通りと呼ばれた。明治時代には、日本人に舶来品を、外国人に日本の産物を売る店が集まっていた。右手遠方は弁天通りのランドマーク、河北直蔵商店の時計塔。まだ建築中なので、明治27年(1894)頃の撮影と判明する。また、看板の文字から、右端の店は美術工芸品商の木村商店、左端は眼鏡と時計を商う伊勢屋と判明する。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 伊勢佐木町通り

    伊勢佐木町通り 超高精細画像

    伊勢佐木町通り周辺は、明治10年代半ば頃から芝居小屋や茶屋・料理屋が集中し、関内と関外を結ぶ繁華街として発展した。この写真は明治20年代の松ヶ枝町界隈(現在の伊勢佐木町2丁目・福富町東通の辺り)と思われる。ここには勇座(明治13~32年)や相生座(明治28~38年)があり、近くの賑町(現在の伊勢佐木町3丁目)には両国座(のち喜楽座)や賑座(のち朝日座)があって、歓楽街の中心をなしていた。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 横浜元町百段と前田橋

    横浜元町百段と前田橋 超高精細画像

    前田橋は堀川に架かる橋で山下居留地と元町を結ぶ。明治23年(1890)に鉄橋化された。橋を渡るとその正面には浅間神社に至る百段とも百一段とも呼ばれる石段がある。段上に浅間神社と田辺の茶屋があり、横浜の全景を展望できるスポットとして内外人に知られていた。石段は大正12年(1923)の関東大震災で倒壊、再建されなかった。神社は丘の麓に移って再建されている。神社の跡地は現在元町百段公園となっている。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 横浜の運河

    横浜の運河 超高精細画像

    外国人居留地と元町を隔てる堀川。万延元年(1860)に開削され、明治初年、ブラントンの設計により、拡幅工事と護岸整備が行われた。いたるところに河岸があり、物資の輸送に大きな役割を果たしていた。川向こう中央の大きな甍は増徳院。その左に横浜アイス・ワークスの煙突、明治29年(1896)フランス人建築家サルダの設計で建てられたフランス領事館、さらに左に明治20年(1887)に鉄橋化された谷戸橋が見えている。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 横浜港大桟橋

    横浜港大桟橋 超高精細画像

    明治27年(1894)に完成した鉄製の海陸連絡橋。横浜港のシンボル的存在である。税関塔屋からの撮影であろう。中央の建物は大桟橋と同時に建設された税関監視課庁舎。そこから左へ延びているのは、慶応2年(1866)の大火後の再建工事の一環として増築された桟橋で、俗に「象の鼻」と呼ばれ、現在も名残りが存在する。日本の表玄関にふさわしい、大型船の接岸できる埠頭を築造することは、長年の懸案だった。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • 横浜市街地

    横浜市街地 超高精細画像

    野毛三山社からの眺望。画面中央を大岡川が右から左上方へ流れている。右寄りに木橋の長者橋、左手に同じく木橋の宮川橋が見えている。右手遠方は山手、その手前の緑地は横浜公園、横浜共同電灯会社常盤町発電所の煙突を挟んで左手が官庁群である。税関のドームがひときわ目立っている。その左手前には指路教会の尖塔が見えている。明治31年(1898)建設の横浜商業学校校舎が写っているので、30年代の撮影と思われる。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
    長崎大学付属図書館
    ※リンク先の写真をクリックすると超高精細画像をご覧いただけます。
  • グランドホテル

    グランドホテル

    グランドホテルは、横浜山下居留地の18番地~20番地に建っていた横浜を代表するホテル。写真は明治20年(1887)に落成した新館で、フランス人建築家のサルダが設計した。この建物の隣に明治6年(1873)建築の旧館もあったが、2つの建物は共に、大正12年(1923 )の関東大震災で倒壊した。現在、同ホテルの名前を継承したホテル・ニューグランドが近くにある。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
  • 馬車道

    馬車道

    馬車道は、明治元(1868)に造成された馬車が通行できる道。幕末の横浜の市街地は海岸部に造成されたが、人口の増加によって内陸へ新たな市街地が広がるようになった。馬車道は新市街地の中に造られ、この時、写真の場所を起点に東海道と接続する道が造成され、乗合馬車が東京の築地まで走るようになった。その後、明治5年には(1872)馬車道が拡幅され、この道に沿って鉄道が走るようになった。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
  • 横浜公園

    横浜公園

    開港場と呼ばれた横浜市街地は、慶応2年(1866)の大火によって大きな被害を受け、その後、市街地には防火帯を兼ねた大きな道や公園が整備された。横浜公園は、この時、造成された公園で、外国人と日本人が共に利用したことから「彼我公園」と呼ばれた。桜の名所であると同時に公園内に運動場が設置され、サッカーや野球がおこなわれた。現在、公園があった場所には横浜スタジアムがある。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
  • 伊勢山皇大神宮

    伊勢山皇大神宮

    伊勢山皇大神宮は現在の横浜市西区宮崎町にある神社。明治3年(1870)、神奈川県は市街地に隣接する戸部村にあった神明社を現在地に遷座し、横浜の総鎮守とした。この時から同神社は伊勢山皇大神宮と呼称されるようになった。遷座にあたっては市街地で盛大に祭礼がおこなわれ、その費用は数万両に達したといわれている。同神社は横浜の名所であり、特に桜の季節には多くの市民で賑わった。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
  • 増徳院

    増徳院

    江戸時代から昭和3年(1928)まで現在の横浜市中区元町にあった真言宗の寺院。嘉永7年(1854)、ペリー艦隊の乗組員ロバート・ウィリアムズが死亡し、同寺の境内の墓地に埋葬された。その後、・ウィリアムズは下田の玉泉寺に改葬されたが、開港後、同寺の境内には外国人墓地が置かれた。現在、寺の建物は残っていないが、中央奥が本堂、階段の左の建物が薬師堂と伝えられる。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元:
  • 外国人墓地

    外国人墓地

    開港間もない安政6年(1859)7月27日、横浜市街地で2人のロシア人士官が攘夷派の浪士に殺害された。その後、彼らは増徳院の境内に埋葬された。これが、横浜外国人墓地の始まりである。1860年代以降になると外国船乗組員や居留地に住む外国人も続々と外国人墓地に埋葬されるようになった。現在、山手と呼ばれる地区にある外国人墓地は横浜有数の観光地になっている。

    撮影年代:
    明治中期
    出典元: