HOME > 主な取組 > 民間団体の取組例

主な取組

民間団体の取組例

  • 明治改元150年展「幕臣たちの文明開化」

    明治改元150年展「幕臣たちの文明開化」

    郵政博物館

    郵政博物館((公財)通信文化協会)において、同館収蔵の幕末・明治時代に関する資料をはじめ、前島密や渋沢栄一、杉浦譲ほか民部省改正掛の人々、榎本武揚、武田斐三郎や竹内卯吉郎など維新の夜明けを演出した幕臣、『郵便報知新聞』の栗本鋤雲など時代の変換期に活躍した人物などを紹介する企画展を開催する。

  • 特別展示等の開催

    特別展示等の開催

    鉄道博物館等

    鉄道博物館等において、日本における鉄道との出会い、明治維新の主人公たちおよび我が国の鉄道の黎明期を支えた外国人(エドモンド・モレルなど)の活躍に着目した特別展示や展示物の特別公開等の実施を検討する。

  • 日本の産業技術史の展示

    日本の産業技術史の展示

    トヨタ産業技術記念館

    トヨタ産業技術記念館(愛知県名古屋市西区)において、近代日本の発展を支えた基幹産業の一つである繊維機械と、現代を開拓し続ける自動車の技術の変遷を通じた「モノづくり」の大切さに関する展示を実施する。

  • 八幡製鉄所の見学会

    八幡製鉄所の見学会

    新日鐵住金(株)

    新日鐵住金(株)が平成30年11月に開催する「まつり起業祭八幡」で実施する八幡製鉄所構内の工場の一部開放の際に、「明治150周年」の看板を掲げ、世界遺産登録された旧本事務所の見学会を実施する。

  • 明治150年記念展水戸徳川家名宝展等の開催

    明治150年記念展水戸徳川家名宝展等の開催

    (公財)徳川ミュージアム

    徳川ミュージアムにおいて、明治150年を記念して、德川慶喜と幕末から明治期に活躍した水戸徳川家11代から13代の功績と歴史について、水戸徳川家代々のゆかりの名品とともに紹介する。

  • 博物館明治村の施設を活用したイベントの開催

    博物館明治村の施設を活用したイベントの開催

    博物館明治村

    100万㎡の敷地に重要文化財11件を含む歴史的建造物64棟等が集積する博物館明治村では、明治150年を記念したセレモニーを開催。また皇室ゆかりの資料や絵画展示の他、御料車特別内部公開等の記念イベントを実施する。自治体や企業等にも、行催事開催などで明治村を活用してもらうよう、犬山市と共同で誘致活動を行う。

  • 企画展「鉄道遺産をたずねて~遥かなる時を越えてきた生き証人~」の開催

    企画展「鉄道遺産をたずねて~遥かなる時を越えてきた生き証人~」の開催

    京都鉄道博物館

    京都鉄道博物館において、JR西日本管内に残る貴重な鉄道遺産のうち、車両や駅舎などの建築物、土木建造物等に注目して、関係資料を展示する。

  • 通年特別展「大西郷展」の開催

    通年特別展「大西郷展」の開催

    霊山歴史館

    幕末維新ミュージアム霊山歴史館において、幕末維新の英傑西郷隆盛に関する通年の特別展を実施する。
    また、西郷に焦点をあて、多くの資料でその生涯を辿りつつ、西郷をとりまく坂本龍馬や新選組の資料も展示する。

  • キッザニア東京こども議会による提言

    キッザニア東京こども議会による提言

    KCJ GROUP (株)

    明治元年から150年を迎えるに当たり、坂本龍馬の船中八策になぞらえて、こども達が日本の未来に向け8つの提言を行うこどもサミット “KidZ Make Revolution!” を実施。
    後日こども議員の代表が、内閣官房に提言書を提出。

  • 企画展「証券市場の歴史展」の開催及び単行本の出版

    企画展「証券市場の歴史展」の開催及び単行本の出版

    (株)東京証券取引所

    東京証券取引所が保有する未公開資料を用い、これまで知られていなかった明治期の取引所設立時の秘話等を紹介する企画展を開催。また、証券市場の歴史を読み解く単行本を出版。

  • 機内誌での明治150年関連施策の紹介

    機内誌での明治150年関連施策の紹介

    日本航空(株)

    明治150年への認知向上を狙いとして、機内誌にて「明治150年 志士たちの風景」の連載企画を実施。(平成30年1月~12月予定)

  • 大磯旧吉田茂邸、旧白洲邸見学ツアー

    大磯旧吉田茂邸、旧白洲邸見学ツアー

    (株)はとバス

    「近代日本の礎を築いた盟友の生涯を追う 明治から激動期の日本を駆け抜けた偉人の邸宅巡りと大磯迎賓館ツアー」を実施。