HOME > 主な取組 > 市区町村(指定都市除く)の取組例

主な取組

市区町村(指定都市除く)の取組例

明治以降の歩みを次世代に遺す施策

  • 明治期に作庭され国の名勝に指定された盛美園の保存整備事業

    明治期に作庭され国の名勝に指定された盛美園の保存整備事業

    青森県平川市

    国名勝に指定されている盛美園は、明治35年から9年の歳月をかけて作庭された。大石武学流池泉枯山水回遊式庭園の代表作として高く評価されている様式美及び作庭技術を後世に伝えるため、保存整備事業を行う。

  • 「旧有備館および庭園」における幕末から明治期の開拓移住関連の企画展

    「旧有備館および庭園」における幕末から明治期の開拓移住関連の企画展

    宮城県大崎市

    明治維新後、新たな活路を見出そうと岩出山伊達家当主邦直と共に北海道に渡った人達がいた一方、父祖伝来の岩出山の地に残ることを選択した人達もいた。
    明治150年を機に、明治維新という大きな変革の中で様々な未来を選択した人々の姿を紹介する企画展を開催する。

  • デジタルアーカイブの充実

    デジタルアーカイブの充実

    東京都あきる野市

    明治期における地域の学習活動を後世に伝えるとともに、幅広い世代の学習に資するため、「五日市憲法草案」の解説や「深沢家文書」から分かる当時の活動等に関するコンテンツを作成・公開する。また、利用しやすいデジタルアーカイブシステムの再構築に向けた取組を進める。

  • 日本のアンデルセンと呼ばれた久留島武彦先生に関する企画展

    日本のアンデルセンと呼ばれた久留島武彦先生に関する企画展

    大分県玖珠町

    明治期に活躍した玖珠出身の児童文学者で児童教育、文化の基礎を築いた久留島武彦先生の軌跡を次世代に伝承するため、日本童話祭及び国民文化祭「こどもフェスティバル」において特別企画展を開催する。

明治の精神に学び、更に飛躍する国へ向けた施策

  • ふるさと再発見!近代化ヘリテージツアー

    ふるさと再発見!近代化ヘリテージツアー

    秋田県大仙市

    近代化の歴史の舞台をめぐる観光ツアーを3回行う。
    (1) 戊辰戦争関連史跡、(2) 現在も継承されている交通・産業関連遺産(鉄道、酒造業、醸造業、窯業、煙火業)、(3) 地域の発展に尽くした地主層の邸宅(国指定名勝旧池田氏庭園、国登録有形文化財本郷家住宅主屋)。それぞれのツアーにはガイドを同行させる。

  • 華族農場をテーマとした特別展

    華族農場をテーマとした特別展

    栃木県那須塩原市

    那須野が原博物館において、明治期に開設された本州最大の華族農場群をテーマにした特別展「那須野が原に農場を―華族がめざした西洋ー」を開催するとともに、記念講演会及び農場史跡や現存する多くの別邸の現地見学会を実施する。

  • 「明治の遺産にふれる」ツアー

    「明治の遺産にふれる」ツアー

    群馬県富岡市、群馬県安中市、長野県軽井沢町

    富岡市・安中市・軽井沢町の広域連携として、明治の歴史遺産に多くの人にふれてもらうため、富岡製糸場、碓氷第三橋梁(めがね橋)、旧三笠ホテルを巡るツアーを企画する。

  • 川上善兵衛生誕150年記念事業

    川上善兵衛生誕150年記念事業

    新潟県上越市

    「日本のワインぶどうの父」と呼ばれた郷土出身の川上善兵衛の功績や精神に学び、後世に伝えていくために、彼の生涯を振り返る企画展やパネリストによるトークセッションを行う。

  • 市民参加型演劇「おしょりん」公演

    市民参加型演劇「おしょりん」公演

    福井県鯖江市

    明治時代、眼鏡産業を福井に根付かせることに尽力した増永五左衛門を題材とした小説「おしょりん」を原作に、今回で5回目の公演となる市民参加型演劇を開催する。現在の世界に誇れる地域ブランド「めがねのまちさばえ」の礎になった偉業を情報発信する。

  • 「水神・西澤眞藏 –明治の大疎水事業–」展の開催

    「水神・西澤眞藏 –明治の大疎水事業–」展の開催

    滋賀県愛荘町

    郷土の偉人である西澤眞藏が明治期に愛知県で取り組んだ「枝下用水」の開削事業について、その事績にせまる特別展を町立歴史文化博物館において開催する。

  • 明治期の松江の偉人の顕彰

    明治期の松江の偉人の顕彰

    島根県松江市

    第25代・28代内閣総理大臣であった若槻禮次郎氏をはじめ、“民法の父”梅謙次郎氏や日本のオリンピック誘致の歴史に深く関わる岸清一氏など、明治期以降の我が国の近代化の礎を築いた郷土出身の先人に関する展示や情報発信を行う。また、先人と縁のある大学などと新たな連携を深めるなどして明治の精神を次代に受け継ぐ。

  • 日本赤十字社に関する企画展

    日本赤十字社に関する企画展

    佐賀県佐賀市

    日本赤十字社の創始者である佐野常民の業績に関わる資料・遺品などが展示されている佐野常民記念館において、篤志看護婦や世界初の災害救助に関わる資料等、日本赤十字社に関する企画展を開催する。

明治150年に向けた機運を高めていく施策

  • 戊辰150周年記念広域連携歴史シンポジウムの開催

    戊辰150周年記念広域連携歴史シンポジウムの開催

    福島県会津若松市

    奥羽越列藩同盟に関係する地域による広域連携シンポジウムを開催し、奥羽越列藩同盟の歴史的顕彰、そこに活躍した先人たちの顕彰を行う。

  • 旧軍港四市日本遺産WEEK

    旧軍港四市日本遺産WEEK

    神奈川県横須賀市、広島県呉市、長崎県佐世保市、京都府舞鶴市

    明治期に、近代国家を目指した日本が軍港として整備し、海軍鎮守府を置いた4都市において、日本遺産の構成文化財を一般公開する。イベント内では、普段は公開されていない近代化遺産の特別公開も期間限定で実施する。

  • 上郡町の偉人・大鳥圭介生誕地イベント「圭介まつり」

    上郡町の偉人・大鳥圭介生誕地イベント「圭介まつり」

    兵庫県上郡町

    幕末から明治にかけて活躍した上郡町の偉人・大鳥圭介の生誕地を訪ねるウォークイベントや、大鳥圭介検定などを開催する。

  • ジョン万次郎資料館リューアルオープン関連行事

    ジョン万次郎資料館リューアルオープン関連行事

    高知県土佐清水市

    ジョン万次郎資料館のリニューアルオープンを記念した式典を開催するとともに、ジョン万の情報発信、PRを目的として、ジョン万デニムを製作しデニム企画展の実施や、イベントとして「ジョン万ゴールドラッシュ大会」などを開催する。