明治150年に向けた関連施策の推進について

平成30年(2018年)は、明治元年(1868年)から満150年の年に当たります

明治以降、近代国民国家への第一歩を踏み出した日本は、明治期において多岐にわたる近代化への取組を行い、国の基本的な形を築き上げていきました。
内閣制度の導入、大日本帝国憲法の制定、立憲政治・議会政治の導入、鉄道の開業や郵便制度の施行など技術革新と産業化の推進、義務教育の導入や女子師範学校の設立といった教育の充実を始めとして、多くの取組が進められました。
また、若者や女性等が海外に留学して知識を吸収し、外国人から学んだ知識を活かしつつ、単なる西洋の真似ではない、日本の良さや伝統を活かした技術や文化も生み出されました。
政府では、「明治150 年」を迎える平成30 年(2018 年)を節目として、改めて明治期を振り返り、将来につなげていくために、地方公共団体や民間企業とも一緒になって様々な取組をしています。

ここでは、代表的な取組を紹介します。

全体的な取組は首相官邸ホームページ 別ウィンドウが開きますをご覧ください。

国の主な取組例

明治以降の歩みを次世代に遺す施策

  • デジタルアーカイブ「明治150年記念 外交史料館所蔵史料の紹介と国書・親書でたどる近代日本と諸外国との外交関係」

    デジタルアーカイブ「明治150年記念 外交史料館所蔵史料の紹介と国書・親書でたどる近代日本と諸外国との外交関係」

    外務省

    明治維新以降の我が国の近代化の一側面を示す幕末から昭和にかけての外交史料館所蔵史料を検索サービスにより紹介する予定。
    具体的には、戦前期の国書・親書(1,100点)をデジタル化し、近代日本が諸外国と外交関係を構築した経緯を画像などを見ながら辿れるようインターネット上でデジタルアーカイブとして公開することを検討中。

  • 地域における明治期の文化財のデジタルデータ化支援

    地域における明治期の文化財のデジタルデータ化支援

    総務省

    地域の美術館・博物館等に収蔵されている有形文化財や、地域の祭礼等の無形文化財をデジタルデータ化する事業に対する地方財政措置を活用し、地方公共団体が行う明治期の歴史的資料等のデジタルデータ化を支援する。

  • 重要文化財 旧奈良監獄の公開・活用

    重要文化財 旧奈良監獄の公開・活用

    法務省

    明治政府が監獄の国際標準化を目指して建築した五大監獄の一つである旧奈良監獄について、コンセッション方式を活用して保存・活用事業を実施する。
    運営権を民間事業者に売却し、資料の保存にとどまらない広報価値の最大化を図る史料館運営を行うほか、同事業者の提案に基づく付帯事業として、ホテル等として活用する。

明治の精神に学び、更に飛躍する国へ向けた施策

  • 「明治日本の産業革命遺産」を核とした産業遺産に関する理解増進

    「明治日本の産業革命遺産」を核とした産業遺産に関する理解増進

    内閣府

    明治における日本の工業立国の土台を築いた「明治日本の産業革命遺産」を核とした産業遺産に関する価値について、関係省庁と連携して広く国民への理解増進を図る。

  • 明治期の歴史を探訪する旅の開発

    明治期の歴史を探訪する旅の開発

    国土交通省

    平成30年に開催予定の明治150年関連行事を活用したツアー、明治期に由来する建築物を訪ねるツアーなど、明治期の文化・歴史・風俗等を盛り込んだ旅行商品の開発を旅行業者に促す。

  • 大学図書館が所蔵する明治期コレクション企画展示の実施

    大学図書館が所蔵する明治期コレクション企画展示の実施

    文部科学省

    明治期の技術や文化に関する遺産に触れる機会の充実のため、大学図書館が所蔵する明治期のコレクションを活用した企画等を、国立公文書館や関係機関と連携して実施する。

  • 国立近代美術館による企画展示等の実施

    国立近代美術館による企画展示等の実施

    文化庁

    明治150年を迎えるにあわせ、明治期の作品の特集を組んだ所蔵作品展の開催や、明治期から活躍した日本画家をテーマとした企画展の開催を検討する。

  • 世界一の生糸産業から学ぶ

    世界一の生糸産業から学ぶ

    農林水産省

    蚕糸関係団体等と連携して、明治期の生糸産業の歴史に関する資料の収集・整理、デジタルアーカイブ化を行うとともに、養蚕振興や生糸輸出の功績者、明治から昭和期の養蚕農家や製糸工場の様子等に関するパネルを作成し、シルクサミットなどのイベントにおいて展示を行う。
    また、「明治期の生糸産業に学ぶ」をテーマとしてシンポジウムを開催する。

  • 明治期の公共土木施設等に関連するインフラツーリズムの推進

    明治期の公共土木施設等に関連するインフラツーリズムの推進

    国土交通省

    インフラ管理者として、明治期の土木施設・建築物とそれらを建設した企業の協力を得つつ、官民及び地域による体制づくりを支援し、インフラツーリズム等を推進する。
    また、民間団体等が行う観光まちづくりに係るコンテストにおいて、「インフラツーリズム」の観点でのプランを募集し、「明治150年」にちなむ内容を盛り込むことを応募要件とするよう促す。

明治150年に向けた機運を高めていく施策

  • 「明治150年」記念切手の発行推薦、協力

    「明治150年」記念切手の発行推薦、協力

    内閣官房、総務省

    明治150年を国内に周知することを目的として、日本郵便(株)による「明治150年」記念切手が発行されるよう内閣官房が推薦し、総務省が協力する。

  • 明治150年記念登録証の作成

    明治150年記念登録証の作成

    経済産業省

    商標の登録証について、出願人の希望に応じ、明治時代の登録証と同様のデザインの復刻版を記念追加発行する。

  • 明治150年記念を冠した記念事業や記念イベントの実施

    明治150年記念を冠した記念事業や記念イベントの実施

    警察庁、法務省、文部科学省、文化庁、厚生労働省、国土交通省

    日本全体で「明治150年」に向けた機運を高めていくため、明治150年記念を冠した記念事業や記念イベントを実施する。

地方公共団体の主な取組例

明治以降の歩みを次世代に遺す施策

  • 北海道みらい事業、北海道庁旧本庁舎(赤レンガ庁舎)の保存・活用事業

    北海道みらい事業、北海道庁旧本庁舎(赤レンガ庁舎)の保存・活用事業

    北海道

    北海道みらい事業
    市町村、企業・団体、個人などの様々な主体による明治150年、北海道150年を記念した事業を促進するため、ロゴマークの使用や事業費等の支援を行う。

    北海道庁旧本庁舎の保存・活用事業
    明治21年建築のれんが造りの北海道庁旧本庁舎は、国の重要文化財に指定され、「赤れんが庁舎」と呼ばれ、親しまれており、明治150年を機にリニューアル整備を実施予定。

  • 県立図書館における歴史・文化資料のデジタル化事業

    県立図書館における歴史・文化資料のデジタル化事業

    神奈川県

    横浜開港以降、明治維新を経て急速に発展する街の様子や、外国人の風俗などを描いた浮世絵が多く作られた。これらは「横浜絵」「開化絵」などと呼ばれ文明開化の日本を色鮮やかに今に伝えている。
    明治150年を機に、「横浜絵」や、国際裁判として日本が初めて経験した「マリア・ルス号事件」関連資料など、当館所蔵の貴重な歴史的資料のデジタル・アーカイブ化を推進する。

  • 水道記念館及び京橋水管橋保存事業

    水道記念館及び京橋水管橋保存事業

    岡山市

    明治38年、三野浄水場に造られた旧動力室・送水ポンプ室は、赤レンガ造りのモダンな洋風建築で、 水道の通水80周年を記念して、昭和60年に同室を岡山市水道記念館として改装して開館しており、京橋水管橋、三野浄水場緩速ろ過池などとともに登録有形文化財に登録されている。これらの施設を次世代に遺すための改修工事等を実施予定。

明治の精神に学び、更に飛躍する国へ向けた施策

  • 「ヨハネス・デ・レーケ」パネル展

    「ヨハネス・デ・レーケ」パネル展

    岐阜県

    明治政府からお雇い外国人として招聘され、治水や砂防工事などを指揮したオランダ人土木技術者「ヨハネス・デ・レーケ」の功績を紹介するパネル展を岐阜県さぼう遊学館(※)において開催。

    ※岐阜県さぼう遊学館
    土砂災害に関する知識や適切な避難の方法について学び、研修する施設

  • 与謝野晶子 生誕140年記念イベント

    与謝野晶子 生誕140年記念イベント

    堺市

    堺市で生まれた日本近代文学を切り拓いた歌人「与謝野晶子」を顕彰する施設「さかい利晶の杜」を中心に、晶子をテーマにした企画展や短歌関連のイベントを開催予定。

  • 橋野鉄鉱山(釜石市)の普及啓発

    橋野鉄鉱山(釜石市)の普及啓発

    岩手県

    世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の一つで、日本の近代製鉄業の先駆けとなった遺跡で「橋野鉄鉱山(釜石市)」の概要・価値等について、学校教育の場を活用して周知することにより、郷土の歴史・文化等への理解を深め「いわて」を愛し誇りをもった児童・生徒を育成する。

  • 田母沢御用邸における「皇后御学問所特別公開」等

    田母沢御用邸における「皇后御学問所特別公開」等

    栃木県

    田母沢御用邸は、明治32年に大正天皇(当時 皇太子)の御静養地として造営。移築、増改築を経た木造建築1,360坪は現存する明治、大正期の御用邸では最大規模。
    天皇・皇太子がご利用になられたこれら建物や庭園から、当時の建築技術や皇室文化を垣間見ることができる。

明治150年に向けた機運を高めていく施策

  • 幕末明治福井150年博(仮称)の開催

    幕末明治福井150年博(仮称)の開催

    福井県

    明治150年となる平成30年を福井藩主の松平春嶽、藩士の由利公正や橋本左内ら近代日本の幕開けに活躍した偉人の功績を県内外へ発信する好機として、「幕末明治福井150年博」(仮称)を開催。
    県・市町が連携し文化施設等での企画展などを実施。

  • 「平成の薩長土肥連合」広域観光プロジェクト

    「平成の薩長土肥連合」広域観光プロジェクト

    鹿児島県、山口県、高知県、佐賀県

    1. 観光プロモーション推進プロジェクト
    認知度を高めるための情報発信

    2. 広域観光ルート形成プロジェクト
    4県での幕末・維新期の歴史をテーマとする広域観光ルートの形成、誘客に向けた旅行商品の造成促進

    3. 共同イベント開催プロジェクト
    歴史的観光素材等を発信するためのイベント実施

民間団体の主な取組例

  • 明治改元150年展「幕臣たちの文明開化(仮称)」

    明治改元150年展「幕臣たちの文明開化(仮称)」

    郵政博物館

    郵政博物館((公財)通信文化協会)において、同館収蔵の明治時代に関する資料をはじめ、前島密や渋沢栄一、杉浦譲ほか民部省改正掛の人々、榎本武揚、武田斐三郎や竹内卯吉郎など維新の夜明けを演出した幕臣、『郵便報知新聞』の栗本鋤雲など時代の変換期に活躍した人物などを紹介する企画展を開催する。

  • 特別展示等の開催

    特別展示等の開催

    鉄道博物館等

    鉄道博物館等が、エドモンド・モレル等の外国人の活躍に着目した特別展示や展示物の特別公開等の実施を検討する。

  • 日本の産業技術史の展示

    日本の産業技術史の展示

    トヨタ産業技術記念館

    トヨタ産業技術記念館(愛知県名古屋市西区)において、近代日本の発展を支えた基幹産業の一つである繊維機械と、現代を開拓し続ける自動車の技術の変遷を通じた「モノづくり」の大切さに関する展示を実施する。

  • 八幡製鉄所の見学会

    八幡製鉄所の見学会

    新日鐵住金(株)

    新日鐵住金(株)が平成30年11月に開催する「まつり起業祭八幡」で実施する八幡製鉄所構内の工場の一部開放の際に、「明治150周年」の看板を掲げ、世界遺産登録された旧本事務所の見学会を実施する。