首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 文字なし
 トップ北朝鮮による日本人拉致問題


拉致問題に関する動き


平成18年
2月16日拉致問題特命チーム第20回会合
2月 4日〜8日第1回日朝包括並行協議(於:北京)
1月27日専門幹事会(拉致問題)第19回会合
1月19日鈴木官房副長官が拉致被害者家族等と面会


平成17年
12月24日〜25日日朝政府間協議(於:北京)
12月22日国民大集会(於:日比谷公会堂、主催:家族会等)
12月22日麻生外務大臣が拉致被害者家族等と面会
12月16日国連総会本会議において「北朝鮮の人権状況」決議を採択
12月 9日齋賀人権担当大使が拉致被害者家族等と面会
12月 6日齋賀人権担当大使の任命
12月 6日専門幹事会(拉致問題)第18回会合
11月28日麻生外務大臣が拉致被害者家族等と面会
11月28日鈴木官房副長官が拉致被害者家族と面会
11月21日国連人権委員会・強制的失踪作業部会(於:ジュネーブ)において拉 致問題を巡る最近の動きにつき説明
11月17日国連総会第三委員会において「北朝鮮の人権状況」決議を採択  
11月16日日米首脳会談(於:東京)
11月16日日米外相会談(於:釜山)
11月 9日〜11日第5回六者会合第一次会合(於:北京)
11月 3日〜4日日朝政府間協議(於:北京)
10月28日日米外相会談(於:ワシントン)
10月27日日韓外相会談(於:東京)
9月29日杉浦官房副長官が拉致被害者家族等と面会
9月13日〜19日第4回六者会合第二次会合(於:北京)
7月26日〜8月7日第4回六者会合第一次会合(於:北京)
7月14日町村外務大臣が拉致被害者家族等と面会
7月12日日米外相会談(於:東京)
7月6日〜8日G8首脳会合(グレンイーグルズ・サミット)
6月23日G8外相会合
6月14日〜22日曽我さん一家訪米
6月10日衆議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会において家族会(横田代表御夫妻)が参考人として意見陳述
5月30日国連人権委員会・強制的失踪作業部会(於:バンコク)において日本人拉致問題の現状を説明し、9人の拉致被害者の所在の早期確認を強く申し立て
4月27日拉致被害者支援法に基づき、1名を拉致被害者に認定
4月26日家族会役員等が官邸において細田官房長官と面会
4月24日国民大集会(於:日比谷公会堂、主催:家族会等)
4月14日国連人権委員会「北朝鮮の人権状況」決議を採択
4月13日北朝鮮側が日本側に対してFAX文書を送り、従来同様の立場を主張(同日、日本側が改めて鑑定結果の客観性、科学性を言及して再反論)
4月 1日拉致被害者・家族支援室を拉致問題連絡・調整室に改組
3月18日帰国した拉致被害者とその家族の永住の意思決定の表明
2月24日北朝鮮側が日本側の反論は受け入れられないとし、横田めぐみさんのものとした「遺骨」の返還を要求する旨回答(同日、日本側が同回答に再反論する外務報道官談話を発表)
2月10日日本側が「備忘録」に対する反論文書を公表し、北朝鮮側に伝達
2月 8日家族会が細田官房長官に対し500万人分の署名(目録)を提出
1月26日北朝鮮側が横田めぐみさんの「遺骨」であるとした骨片に関する日本側の鑑定結果に反論する「備忘録」(1月24日公表)を日本側に伝達


平成16年
12月28日専門幹事会(拉致問題)第17回会合
12月24日第3回日朝実務者協議において北朝鮮側から提示された情報・物証の精査結果を公表(翌25日に北朝鮮側に伝達)
12月 7日曽我さん一家帰郷
11月 9日〜14日第3回日朝実務者協議(於:平壌)
10月13日町村外務大臣が拉致被害者家族等と面会
家族会等がアーミテージ米国務副長官を表敬
10月 8日専門幹事会(拉致問題)第16回会合
9月30日中山内閣官房参与辞任
9月25日〜26日日朝実務者協議
9月17日杉浦官房副長官が拉致被害者家族等と面会
緊急国民大集会(於:九段会館、主催:家族会等)
8月18日国連人権委員会・強制的失踪作業部会に9人の拉致被害者関する追加情報につき陳述
8月11日〜12日日朝実務者協議
8月 9日専門幹事会(拉致問題)第15回会合
7月18日曽我さん一家帰国
7月 9日曽我さん一家インドネシアにて再会(於:ジャカルタ)
7月 6日専門幹事会(拉致問題)第14回会合
7月 1日日朝外相会談(於:ジャカルタ)
6月23日〜26日第3回六者会合(於:北京)
6月 8日〜10日G8首脳会合(シーアイランド・サミット)
6月 8日日米首脳会談
5月26日専門幹事会(拉致問題)第13回会合
5月22日日朝首脳会談、地村・蓮池夫妻の家族5名が帰国
5月14日日朝首脳会談の実施を発表
5月 4日〜5日日朝政府間非公式協議(於北京)
4月30日第6回国民大集会(於日比谷野外音楽堂/日比谷公会堂、主催:家族会等)
4月15日国連人権委員会「北朝鮮の人権状況」決議を採択
3月10日専門幹事会(拉致問題)第12回会合
2月25日〜28日第2回六者会合
2月24日衆議院外務委員会「北朝鮮による拉致及び核開発問題等に関する小委員会」において家族会(横田代表御夫妻及び蓮池事務局長)が参考人として意見陳述
2月11日〜14日日朝ハイレベル協議
2月 6日専門幹事会(拉致問題)第11回会合
1月13日〜17日外務省職員の北朝鮮訪問


平成15年
12月12日日・ASEAN特別首脳会議
12月10日緊急国民大集会(於九段会館、主催:家族会等)
12月 4日日・モンゴル首脳会談
11月18日専門幹事会(拉致問題)第10回会合
11月12日国連人権委員会・強制的失踪作業部会において9人の拉致被害者に関する追加情報につき陳述及び曽我ひとみさんのメッセージ代読
10月 2日専門幹事会(拉致問題)第9回会合
10月 1日拉致被害者家族・義援金委員会の設置
9月23日川口外務大臣が第58回国連総会の一般討論演説において拉致問題に言及
9月19日専門幹事会(拉致問題)第8回会合
9月 9日〜13日家族会等のワシントン訪問
8月27日〜29日第1回六者会合((於北京)
8月13日国連人権委員会・強制的失踪作業部会において8人の拉致被害者に関する追加情報及び曽我ミヨシさんの件につき陳述
7月31日専門幹事会(拉致問題)第7回会合
7月19日日英首脳会談
7月16日日豪首脳会談
7月 8日国連人権委員会・強制的失踪作業部会へ曽我ミヨシさんの件を申し立て
6月18日ARF(ASEAN地域フォーラム)閣僚会合
6月16日専門幹事会(拉致問題)第6回会合
6月 7日日韓首脳会談
6月 1日〜3日エビアンサミット
5月31日日中首脳会談(於サンクトペテルブルグ)
5月23日日米首談脳会(於クロフォード)
5月22日〜23日G8外相会合
5月16日〜17日日・太平洋諸島フォーラム(PIF)首脳会談
5月 8日福田官房長官、安倍官房副長官が拉致被害者5人及び家族会と懇談
小泉総理大臣が拉致被害者5人と懇談
5月 7日第5回国民大集会(於東京国際フォーラム、主催:家族会等)
4月26日〜4月30日欧州5カ国首脳との首脳会談
4月23日国連人権委員会「強制的失踪決議」を採択
4月20日〜24日家族会等のジュネーブ訪問(国連人権委員会強制的失踪作業部会に陳述)
4月16日〜23日家族会等のLA訪問
4月16日国連人権委員会「北朝鮮の人権状況決議」を採択
3月 3日〜8日家族会(「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」)等のワシントン訪問
1月 6日拉致被害者支援法に基づき、15名を拉致被害者に認定
1月 1日「北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律」施行
内閣府大臣官房拉致被害者等支援担当室の発足


平成14年
12月18日新潟県において「拉致被害者5人の集い」
国連総会において「強制的失踪決議」採択
12月 4日「北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律」成立(12月11日公布)
11月26日専門幹事会(拉致問題)第5回会合
11月 8日国連人権委員会・強制的失踪作業部会への申し立て
11月 5日内閣官房拉致被害者・家族支援室の発足
10月29日〜30日日朝国交正常化交渉第12回本会談(於クアラルンプール)
10月24日拉致被害者5人及びその家族の問題についての基本方針決定
専門幹事会(拉致問題)第4回会合
10月15日拉致被害者5名が帰国
10月 9日関係閣僚会議第2回会合
専門幹事会(拉致問題)第3回会合
10月 4日専門幹事会(拉致問題)第2回会合
9月28日〜10月1日拉致問題に関する事実調査チーム、平壌で調査
9月27日関係閣僚会議第1回会合
「拉致問題への対処に関する基本方針」を了承。
9月26日専門幹事会(拉致問題)第1回会合
9月20日日朝国交正常化交渉に関する関係閣僚会議についての閣議口頭了解
9月17日日朝首脳会談(於平壌)
8月30日日朝首脳会談の実施を発表