小さな拠点の形成

人口減少や高齢化が著しい中山間地域等においては、一体的な日常生活圏を構成している「集落生活圏」を維持することが重要であり、将来にわたって地域住民が暮らし続けることができるよう、
 (1)地域住民が主体となった集落生活圏の将来像の合意形成
 (2)持続的な取組体制の確立(地域運営組織の形成)
 (3)生活サービスの維持・確保
 (4)地域の収入の確保のためのコミュニティビジネスの実施
などの取組を進めるとともに、地域に合った生活サービス機能や交通ネットワークの確保等により小さな拠点の形成を推進します。