派遣で発見!「地方の宝」


地方創生人材支援制度による派遣者が活躍している、全国の自治体の取組を紹介しています!

                                                              
vol.7 長崎県島原市
(8月4日掲載)
NEW!!
島原市
塩野 進さん(国土交通省)が市長公室理事 島原ふるさと創生本部長として活躍している長崎県島原市の取組です。
島原市では島原城や湧水庭園「四明荘」、旧市役所など複数の施設を会場としたコスプレイベント、「島原コスプレの乱」を開催しました! このイベントは、島原市と市民が一体となって設立した「㈱島原観光ビューロー」も関わる取組のひとつです。
vol.6 長崎県壱岐市
(7月20日掲載)
NEW!!
壱岐市イルカ
笹原 直記さん(外務省)が副市長として活躍している長崎県壱岐市の取組です。
壱岐市は、福岡市と福岡から直行できる4つの離島(対馬市、五島市、新上五島町、屋久島町)と共に、観光誘致企画である「Re島プロジェクト」を立ち上げました。この取組は2017年日経BP Marketing Awards優秀賞(ストラテジック部門)を受賞しています! 「週末に女性一人でも気軽に行けるリフレッシュ旅」をコンセプトに、海や山、食など壱岐の魅力を発信中です!
vol.5 茨城県
かすみがうら市

(7月6日掲載)
NEW!!
蓮根ロールケーキ
西山 正さん(経済産業省)が地方創生・事業推進担当理事として活躍している茨城県かすみがうら市の取組です。
かすみがうら市では、「株式会社かすみがうら未来づくりカンパニー」を立ち上げ、サイクリングを核とした観光振興を積極的に行っています。中でも「かすみがうらライドクエスト」では、目的地で果物狩りや料理教室が体験でき、ファミリー層や女子グループに大変人気です。他にも、フルーツをはじめ地元産の農水産品を活かした「かすみキッチン」や、6次産業化事業「かすみマルシェ」など、かすみがうら市産の農産物の魅力を発信する場所づくりを行っています!
vol.4 北海道天塩町
(6月22日掲載)
Pepper
齊藤 啓輔さん(外務省)が副町長として活躍している北海道天塩町の取組です。
天塩町では、子供たちの未来への投資として、「地方の子供たちだからこそ、英語とIoTの力をつけるべき」と、ソフトバンクグループ株式会社の社会貢献プログラムに参加し、人型ロボットPepperを導入したプログラミング教育を町内の中学校で行っています!
vol.3 山形県村山市
(6月8日掲載)
kokageロゴ
佐藤 洋介さん(農林水産省)が政策推進課長として派遣された山形県村山市の取組です。
村山市は、市の中心地・駅からも近い「甑葉プラザ」内にコワーキングスペース「kokage」を立ち上げました。 コワーキングとは、事務所スペース・打合せスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルのことです。「kokage」ではこれまで接点のなかった利用者同士の新たな連携や、起業・創業を目指しています!
vol.2 大分県杵築市
(5月25日掲載)
温泉うなぎ
山田 敦弘さん(株式会社日本総合研究所)が政策推進課長として派遣された大分県杵築市の取組です。
杵築市は、地域の優れた産品の付加価値をさらに高め、普及促進を図るため、「杵築ブランド」を立ち上げました。これまでに、地元の軟水温泉かけ流しで育った「温泉うなぎ」をはじめ、9品が認定されています。
vol.1 長野県飯綱町
(5月12日掲載)
ロールさん
小澤 勇人さん(総務省)が副町長として派遣された長野県飯綱町の紹介です。
飯綱町にある しなの鉄道 牟礼駅では、新たに駅長に就任したやぎのロールさんが大活躍。その愛らしいルックスで、地元の人や観光客を魅了しています!他にも、「りんご列車」や「農業アプリ」の開発など情報が盛り沢山!