このページの本文へ移動

首相官邸
  • TOP
  • 施策
  • 会議等開催状況
  • 提案・申請・認定・評価
  • 関連法令・閣議決定等
  • 地方創生に係る相談

環境モデル都市の選定結果について

平成20年7月22日

内閣官房 地域活性化統合事務局

 今後我が国が目指すべき低炭素社会の姿を具体的にわかりやすく示すため、温室効果ガスの大幅な削減など高い目標を掲げて先駆的な取組にチャレンジする都市を「環境モデル都市」として選定し、関係省庁が連携してその実現を支援することとしています。今般、「地球温暖化問題に関する懇談会(座長:奥田碩 トヨタ自動車株式会社取締役相談役)」の下に設けられた、「環境モデル都市・低炭素社会づくり分科会(座長:村上周三慶應義塾大学教授)」の助言を得て、平成20年7月22日付けで、環境モデル都市として、下記の6団体を選定することとしました。

 大都市 : 横浜市、北九州市
 地方中心都市 : 富山市、帯広市
 小規模市町村 : 下川町(北海道)、水俣市

 また、いくつかの基準で課題があるもののアクションプランの策定過程で解決し、基準を満たし得る下記7団体を追加選定の候補(「環境モデル候補都市」)とし、アクションプランの検討状況を見つつ改めて選定を行うこととしました。

 大都市: 京都市、堺市
 地方中心都市: 飯田市、豊田市
 小規模市町村: 檮原町(高知県)、宮古島市
 東京特別区: 千代田区

詳細はこちら(PDF形式:303KB)別ウインドウで開きます

ページのTOPへ戻る