このページの本文へ移動

創業

国家戦略特区では、外国人を含めた開業・起業に対する支援を国や自治体が一体となって行うほか、民間投資の推進、NPOの設立促進等に取り組んでいます。

規制改革事項 概要 実現時期等 活用自治体
開業ワンストップ
概要資料(PDF形式:575KB)別ウインドウで開きます
詳細資料(PDF形式:189KB)別ウインドウで開きます
外国人を含めた起業・開業促進のための各種申請ワンストップセンターの設置
外国人を含めた起業・開業促進のため、登記、税務、年金、定款認証等の創業時に必要な各種申請のための窓口を集約。相談を含めた総合的な支援を実施。
2015年7月
特区法成立
別ウインドウで開きます
東京都(※)、福岡市、北九州市、愛知県
公証人
概要資料(PDF形式:323KB)別ウインドウで開きます
詳細資料(PDF形式:166KB)別ウインドウで開きます
公証人の公証役場外における定款認証
公証人は公証役場において職務を行う必要があるが、役場外の「ワンストップセンター」における定款認証が可能であることを明確化。
2015年7月
特区法成立
別ウインドウで開きます
東京都(※)
空港アクセス
概要資料(PDF形式:597KB)別ウインドウで開きます
詳細資料(PDF形式:145KB)別ウインドウで開きます
空港アクセスの改善に向けたバス関連規制の緩和
ニーズに迅速かつ柔軟に対応した空港アクセスの充実を図る観点から、国家戦略特区内の空港を発着する空港アクセスバスについては、運賃設定の際の上限認可を届出とし、運行計画設定の際の届出期間を(30→7日前)短縮。
2014年12月
省令
別ウインドウで開きます
2016年7月
通知
別ウインドウで開きます
福岡市(※)、北九州市
官民人材
概要資料(PDF形式:579KB)別ウインドウで開きます
詳細資料(PDF形式:156KB)別ウインドウで開きます
官民の垣根を越えた人材移動の柔軟化(2)
スタートアップ企業における優秀な人材確保のため、国の行政機関の職員がスタートアップ企業で働き、一定期間内に再び国の職員になった場合の退職手当の算定について前後の期間を通算。
国、自治体、大企業に勤務する人材をスタートアップ企業で働きやすくするため、「人材流動化センター(仮称)」を設置し、労働市場の流動性向上、スタートアップ企業における優秀な人材の確保に資する援助を行う。
2015年7月
特区法成立
別ウインドウで開きます
神奈川県、福岡市(※)、北九州市、仙台市、愛知県、広島県、今治市
NPO
概要資料(PDF形式:394KB)別ウインドウで開きます
詳細資料(PDF形式:190KB)別ウインドウで開きます
NPO法人の設立手続きの迅速化
ソーシャルビジネスの重要な担い手でもある特定非営利活動法人の設立を促進するため、その設立認証手続における申請書類の縦覧期間(現行1か月)を大幅に短縮。
2015年7月
特区法成立
別ウインドウで開きます
千葉市、兵庫県、新潟市、養父市、福岡市、北九州市、仙北市、仙台市(※)、愛知県、広島県、今治市
信用保証 (一般社団等)
概要資料(PDF形式:434KB)別ウインドウで開きます
詳細資料(PDF形式:189KB)別ウインドウで開きます
一般社団法人等への信用保証制度の適用
一般社団法人及び一般財団法人に関して、金融機関からより円滑に資金調達出来るようにするため、都道府県の応分の負担を前提に、信用保証協会が保証を付与することを可能とする。
2017年5月
要綱
別ウインドウで開きます
仙台市(※)
テレワーク
概要資料(PDF形式:314KB)別ウインドウで開きます
詳細資料(PDF形式:153KB)別ウインドウで開きます
多様な働き方推進のための「テレワーク推進センター」の設置
テレワーク等多様な働き方を普及させることにより、企業の働き方改革を推進し優秀な人材を確保するとともに、生産性を高め、企業の国際競争力を強化するため、国と地方公共団体が連携し、テレワークを導入しようとする企業等に対する各種相談支援をワンストップで行う「テレワーク推進センター」を設置する。
2017年6月
特区法成立
別ウインドウで開きます
東京都(※)

※初活用自治体

ページのTOPへ戻る