このページの本文へ移動

雇用

急速な少子高齢化の進展により、生産年齢人口の減少が進む中、将来的に「人手不足」が問題となり、雇用が大きく不足することが懸念されています。国家戦略特区では、「全員参加の社会」の実現と人的資本の能力を最大限発揮させるため、雇用の規制緩和に取り組み、どのような人でも最もその能力を発揮できる環境で就業できる社会を目指します。

規制改革事項 概要 実現時期等 活用自治体
雇用条件
概要資料(PDF形式:359KB)別ウインドウで開きます
詳細資料(PDF形式:149KB)別ウインドウで開きます
雇用条件の明確化のための雇用労働相談センターの設置
グローバル企業やベンチャー企業等を支援するため、これらの企業の抱える課題を熟知する者が、雇用ルールの周知徹底と紛争の未然防止を図るための高度な個別相談対応等を行う。
2013年12月
特区法成立
別ウインドウで開きます
東京都、大阪府、新潟市、福岡市(※)、仙台市、愛知県、広島県
障がい者雇用
概要資料(PDF形式:467KB)別ウインドウで開きます
詳細資料(PDF形式:172KB)別ウインドウで開きます
障がい者雇用に係る雇用率算定の特例拡充
障がい者雇用率の通算が可能となる組合について、有限責任事業組合(LLP)を対象に追加することで、特に異業種の中小企業による障がい者雇用を推進する。
2016年5月
特区法成立
別ウインドウで開きます
東京都(※)
シニア・ハローワーク(構造改革特区)
概要資料(PDF形式:338KB)別ウインドウで開きます
詳細資料(PDF形式:140KB)別ウインドウで開きます
高年齢者等に対する重点的な就職支援
50歳以上の中高年齢層等の就職支援を重点的に行う職業相談窓口である「シニア・ハローワーク」の設置を可能とする
2016年3月
通達
別ウインドウで開きます
北九州市(※)

※初活用自治体

ページのTOPへ戻る