このページの本文へ移動

シンポジウム「誰もが参加できるオリンピック・パラリンピック文化プログラム〜地域・アート・共生〜」

分野
地域性/多様性/創造性/国際化/多言語社会/共生社会/バリアフリー
期間
2017/2/9(木)〜2017/2/9(木)
開催場所
新潟県新潟市中央区一番堀通町3-2 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 コンサートホール
主催団体
新潟市
主な参加対象者
子ども・高齢者・障害者・外国人・そのエリアにお住いの方・その他(全国の創造都市推進に取り組む自治体、団体等)
参加料の有無
参加予定人数
500〜1000人
概要
【趣旨】2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて,全国各地で文化プログラムがスタートした時期を捉え,推進役を担うメンバーとともに,オリンピック・パラリンピック文化プログラムへの参画に向けた市民の機運醸成を図る。特に,ロンドン大会における文化プログラムのレガシーとして注目を集めた「アンリミテッド」など障がいのある人の文化芸術活動に焦点を当て,誰もが参加できる文化プログラムについて考える機会とする。
【日時】平成29年2月9日(木)午後3時から午後5時30分(開場:午後2時30分)※手話通訳,要約筆記,保育あり
【プログラム】オープニング:日中韓3カ国語合唱歌「わたしは未来」他合唱 新潟市ジュニア合唱団/シンポジウム(パネルディスカッション):<パネリスト>為末 大 元プロ陸上選手/湯浅真奈美 ブリティッシュ・カウンシル アーツ部長/肥田野正明 バウハウス代表取締役/宮田亮平 文化庁長官/篠田 昭 新潟市長<モデレーター>太下義之 三菱UFJリサーチ&コンサルティング芸術・文化政策センター長
URL
https://www.city.niigata.lg.jp/kanko/bunka/bunka_program/170209sympo.html
お問い合わせ先
0252434394