このページの本文へ移動

「岡本太郎×建築」展

分野
創造性
期間
2017/4/22(土)〜2017/7/2(日)
開催場所
神奈川県川崎市多摩区升形7-1-5 川崎市岡本太郎美術館
主催団体
川崎市岡本太郎美術館
主な参加対象者
子ども・高齢者・障害者・外国人・そのエリアにお住いの方
参加料の有無
参加予定人数
10000〜30000人
概要
1964年東京オリンピックの象徴となった国立代々木競技場は丹下健三の名作であるが、岡本太郎は競技場内に色鮮やかな陶板壁画を制作した。丹下健三とのコラボは1957年の旧東京都庁舎での壁画、1970年の大阪万博での「大屋根と太陽の塔」へとつながる高度経済成長期の国家プロジェクトとなった。本展では日本が大きく飛躍した時代、「伝統」と「創造」について議論し、都市と時代を見つめた岡本太郎と建築家たちの交流に焦点をあて、建築と美術の協働の一つのかたちについて再検証する試みである。美術館内はバリアフリーとなっており、誰もが気軽に鑑賞できる環境になっている。一部コーナーでは、誰もが(視覚障害をお持ちの方でも)作品に触れ、作品の感覚を感じていただける場所もある。作品キャプションに外国語(英語)の併記も行っている。
URL
http://www.taromuseum.jp/
お問い合わせ先
0449009898