このページの本文へ移動

2017年国際博物館の日記念シンポジウム

分野
多様性/創造性/国際化/多言語社会/共生社会/バリアフリー
期間
2017/5/21(日)
開催場所
京都府京都市東山区茶屋町527 京都国立博物館 平成知新館(講堂)
主催団体
ICOM京都大会組織委員会、ICOM日本委員会、日本博物館協会、京都国立博物館
主な参加対象者
高齢者・障害者・外国人・そのエリアにお住まいの方・その他(学生、一般の方々)
参加料の有無
参加予定人数
〜500人
概要
本シンポジウムは、2017年の国際博物館の日を記念して開催する。
第一部では、博物館大国である日本、そして多種多様な有形・無形の文化財を有する京都において、国際博物館会議(ICOM)大会を開催することによって生じる博物館及び日本文化の発信力の向上などについて、基調講演や特別講演などを通じて紹介する。
第二部では、2017年の国際博物館の日のテーマである「歴史と向き合う博物館-博物館は何が語れるか」について、パネル・ディスカッションを行い、博物館の現代的役割について考察する。
本シンポジウムは日英同時通訳を入れることにより、一般市民及び外国の方にも参加いただくことを予定している。
URL
https://www.j-muse.or.jp/02program/projects.php?cat=8
お問い合わせ先
0358329108