このページの本文へ移動

【今月のピックアップ】第40回霧島国際音楽祭

第40回霧島国際音楽祭の様子
第40回霧島国際音楽祭の様子

イベント概要

イベント名
第40回霧島国際音楽祭
期間
2019/7/18(木)〜2019/8/4(日)
開催場所
鹿児島県霧島市牧園町高千穂3311-29 霧島国際音楽ホール(みやまコンセール),霧島アートの森 他
主催団体
鹿児島県,公益財団法人ジェスク音楽文化振興会,公益財団法人鹿児島県文化振興財団
URL
http://www.kirishima-imf.jp/

インタビュー

本事業に関して、お話を伺いました。

―事業実施のきっかけは、どのようなものだったのでしょうか。

この音楽祭は,鹿児島の教育者が,故ゲルハルト・ボッセ氏(ドイツの代表的オーケストラ・ゲヴァントハウス管弦楽団のコンサートマスター)に講習会の開催を依頼したことをきっかけに,1980年に創設された日本で最も歴史ある音楽祭の一つです。優れた音楽家によるレッスンの機会と,その演奏を聴く機会をつくるというボッセ氏たちの思いのもと,地元ボランティアの献身的な支えを受けながら,世界のトップアーティストによる講習会と演奏会が開催されてきました。

―この事業の目的は何でしょうか。

第40回の節目を記念して,演奏家は,日本を代表するチェリストの堤剛音楽監督をはじめ,ベルリン・フィル第1コンサートマスタ-の樫本大進氏や,世界5大歌劇場を制覇したソプラノ歌手のアンドレア・ロスト氏など,他ではなかなか聴くことのできない特別のプログラムを仕立てているほか,更に今年は,音楽祭アーティストによる演奏と,CGの世界的第一人者として名高い河口洋一郎氏の映像作品が融合する,世界的にも例のないコンサートを用意しています。また,野外美術館の霧島アートの森にまで音楽祭の会場を拡げ,映像,音楽,アート作品などを終日楽しんでいただけるような趣向も凝らしています。

第40回霧島国際音楽祭のチラシ

―今後、本事業がどのように広がり、発展をしていくのでしょうか。その展望をお聞かせください。

霧島国際音楽祭は,世界的な演奏家が出演するレベルの高い音楽祭として国内外に広く知られており,近年では参加者数が1万5千人を超えています。特にマスタークラス講習会では,世界で高く評価される若手音楽家を40年にわたり輩出してきています。この第40回音楽祭の開催も契機として,この音楽祭が更に鹿児島県民に親しまれ,国内外にも広く情報発信し,アジアを代表する音楽祭として更に充実・発展していくことを目指していきます。