このページの本文へ移動

【今月のピックアップ】「ファインアート 秋田2020 ー クリエイティブな人間の成長を育む絵画展 ー」

イベント概要

イベント名
「ファインアート 秋田2020 ー クリエイティブな人間の成長を育む絵画展 ー」
期間
2020/1/23(木)〜2020/1/27(月)
開催場所
秋田県秋田市中通2丁目3−8 秋田県総合生活文化会館 アトリオン 美術展示ホール
主催団体
ファインアート 秋田 実行委員会
URL
http://kokuten-akita.com/index.html

インタビュー

本事業に関して、お話を伺いました。

―事業実施のきっかけは、どのようなものだったのでしょうか。

私たちが住んでいる秋田は、全国一の人口減少、少子高齢化、自殺、ガン死亡など誰もが望まないワーストトップの県になってしまいました。貧困、健康障害など人間の生き方にあってはならないイメージを先取りしています。その対策に、観光やスポーツ、地域開発、経済支援などあらゆる手段を県民あげて努力してきましたが、いまだに効果は見えません。このような状況下にある私たちは、どんな経済対策よりも創造力豊かな人間を育てることが最大の対策であると考え、新しい試みの展覧会を開催することにしました。

―この事業の目的は何でしょうか。

私たちの展覧会は、何よりも出品者の自主性・主体性を大切にしています。昨年は、HPで開催を知った制作者が、アンデパンダン形式(参加自由、審査なし)で参加を申し込み、中学生から80代まで計51名が出品しました。年齢や性別、所属等を超えて、純粋芸術(ファインアート:fine art、fine arts)の制作に生きがいを見出し活動している人たちです。どこに住んでいようとどんな職業に就いていようと、自らの価値観で物事を考え、行動する・・・クリエイティブな人間の成長を育みたいと考えています。

―今後、本事業がどのように広がり、発展をしていくのでしょうか。その展望をお聞かせください。

私たちの展覧会は、始まったばかりです。クリエイティブな人間の成長を育む絵画展が、今後どのような影響を地元秋田に与えることができるのかは未知数です。しかし、出品者の中には、将来を支えてくれるであろう中学生、高校生もおります。彼らが、この展覧会を通して、いろいろなことに興味を持ち、自分は何をしたいのかを考えることのできる大人に成長してくれることを願っております。そのためにも、人生の先輩である出品者が「豊かに生きるとはこういうことではないか」という姿を作品を通して見せていきたいと考えます。