このページの本文へ移動

【今月のピックアップ】病院で働いている方々にブーケを届けたい!~花のパワーで思いを届けよう~

イベント概要

イベント名
病院で働いている方々にブーケを届けたい!~花のパワーで思いを届けよう~
期間
2020/5/11(月)〜2021/3/31(水)
開催場所
千葉県鴨川市東町929番地 亀田総合病院
主催団体
一般社団法人キッズブーケプロジェクト
URL
https://youtu.be/0XhFwUcgIHE

インタビュー

本事業に関して、お話を伺いました。

―事業実施のきっかけは、どのようなものだったのでしょうか。

学生運営ボランティアの高校生と大学生が新型コロナウィルス感染症が広まる中、「いま私にできること」というテーマをオンライン上で相談し合ったことがきっかけです。その時の私達のために最前線で闘っている医療従事者の方々に、心からの尊敬と感謝の気持ちを伝えたいという意見から、この活動が始まりました。外出自粛要請が出ている中、どのように尊敬と感謝の気持ちを伝えるかなどを学生が自主的に考え、募集要項作りから動画の製作、配信をし、千葉の病院にはお花を届けに行きました。

―この事業の目的は何でしょうか。

日本文化である折り紙を活用しながら、医療従事者の方々に「ありがとう」を込めたブーケとメッセージを送ることで、尊敬と感謝の気持ちを伝えることと、子供達に家に留まることの大切さを考えるきっかけを作ることが目的です。また、お花や折り紙、動画の中の子供達の笑顔に少しでも疲れを癒してもらいたいという願いも込めています。子供達には医療従事者の方々を尊敬して、その尊さを知り、将来医療の現場で働きたいと夢を持つ子が増えて欲しいと思っています。さらに、外国の子供達にも参加してもらい、国を超えて感謝とエールを贈ります。

―今後、本事業がどのように広がり、発展をしていくのでしょうか。その展望をお聞かせください。

今後、学校事業の中やイベントなどで生花や造花などのお花を使ったブーケを制作する予定です。新型コロナウィルス感染症が落ち着き次第、病院と連絡を取りながらタイミングを合わせて、そのブーケを病院に届ける予定です。また、秋以降のイベントなどでも今回作った動画を流す予定があり、動画を見てもらうことによって、より多くの方にお花に気持ちを込めて贈る文化を広めていくことで活動を発展させていきます。