このページの本文へ移動

【今月のピックアップ】21世紀メッセージ展

21世紀メッセージ展

イベント開催情報

1987年「アートインナゴヤ」として発足。1993年「21世紀のメッセージ展」と名称を変更し、30年を経た今、現代美術の新たな表現と地域文化の発展を目的とし、北は秋田 南は沖縄まで幅広く作家に出品依頼し、それぞれの独自な表現形式で新たな展開を計ろうとするものであります。本展に於いて、作家の創作の理念とメッセージが観衆の琴線に触れ、その使命を感じて頂ければ幸いに思います。

イベント概要

イベント名
21世紀のメッセージ展 Message art exhibition of the 21 st century
期間
2017/8/21(月)〜2017/8/26(土)
開催場所
東京都中央区銀座6丁目13番6号商工聯合会ビル2F ギャラリー暁
主催団体
21世紀のメッセージ 作家の視点協会
URL
-

インタビュー

本事業に関して、21世紀のメッセージ 作家の視点協会 黒瀬様にお話を伺いました。

―事業実施のきっかけは、どのようなものだったのでしょうか。

1900年以後、物質文明が急速に発達して人々の思考と価値観は多様化し、美術に於いても幾多の表現の可能性が求められた事がきっかけでこの事業を始めました。

―この事業の目的は何でしょうか。

1987年現代美術の方向性と制作の理念、地域文化の発展を目的とし21世紀のメッセージ 作家の視点協会として発足しました。

21世紀メッセージ展

たくさんの作家が参加します

―今後、本事業がどのように広がり、発展をしていくのでしょうか。その展望をお聞かせください。

本事業が過去に行った海外における北京オリンピックや上海万博開催記念の国際的芸術活動の思考を厳守し、東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会等の主旨に基づきbeyoudo2020の意味を含め、次世代に文化を引き継ぐべく子供たちや弱者を芸術的観点から支援し活動していきたいと考えています。