このページの本文へ移動

【今月のピックアップ】ふくしまスポーツフェスティバル2017

ふくしまスポーツフェスティバル2017
ふくしまスポーツフェスティバル2017

イベント開催情報

 同日にあづま陸上競技場で開催される「2017ジャパンパラ陸上競技大会」に併せて、「障がい者スポーツの理解促進」及び「ゴールデンスポーツイヤーズに向けた機運醸成」を図るための競技体験や、福島の文化(食・芸能・音楽等)や復興の発信のためのステージイベント等を「ふくしまスポーツフェスティバル2017」として開催する。
 なお、競技体験については、パラローイングなど、障がいの有無を問わずに体験できる種目も展開する。
 また、会場には、車いすでの動線を想定したスロープや障がい者対応トイレが設置されているほか、障がい者用駐車スペースを設置している。

イベント概要

イベント名
ふくしまスポーツフェスティバル2017
期間
2017/9/23(土)〜2017/9/24(日)
開催場所
福島県福島市佐原字神事場1 あづま総合運動公園 第2多目的広場及びモニュメント広場
主催団体
福島県
URL
-

インタビュー

本事業に関して、福島県企画調整部文化スポーツ局スポーツ課 星様にお話を伺いました。

―事業実施のきっかけは、どのようなものだったのでしょうか。

 「2017ジャパンパラ陸上競技大会」が本県で開催されることが決定したことを受けて、大会の盛り上げを通じて共生社会の実現に寄与するために、「ふくしまスポーツフェスティバル2017」を開催しました。

―この事業の目的は何でしょうか。

 同日にあづま陸上競技場で開催された「2017ジャパンパラ陸上競技大会」を盛り上げると共に、当該大会の開催を契機に、「障がい者スポーツの理解促進」や「ゴールデンスポーツイヤーズに向けた機運醸成」、「ふくしまの復興の状況や文化の発信」を図るために「ふくしまスポーツフェスティバル2017」を開催しました。

 
ふくしまスポーツフェスティバル2017

オリンピック・パラリンピック競技体験会が行われました

―今後、本事業がどのように広がり、発展をしていくのでしょうか。その展望をお聞かせください。

 2020年を中心としたゴールデンスポーツイヤーズは、障がい者スポーツだけでなく、ふくしまの復興や文化の発信の絶好の機会であると考えています。
 そのため、今後も、競技体験や文化ステージを通して障がい者スポーツへの理解促進やふくしまの復興や文化の発信を図っていきたいと思います。