このページの本文へ移動

【今月のピックアップ】東京国立博物館X三越伊勢丹 コラボレーションギフト(中元・歳暮・通年)

東京国立博物館X三越伊勢丹 コラボレーションギフト(中元・歳暮・通年)の商品イメージ
東京国立博物館X三越伊勢丹 コラボレーションギフト(中元・歳暮・通年)の商品イメージ

イベント開催情報

日本で最も伝統ある博物館として歴史を刻む東京国立博物館と、日本文化の発展に尽力してきた三越伊勢丹。同館所蔵の価値ある国宝・重文のデータを使用した日本の美意識あふれる特別なギフトアイテムを共同開発し三越伊勢丹の販売ネットワークで全国展開。本物のアートや文化を身近に提供することで、お客さまの感動や共感を創出し、日本の文化・芸術への関心や矜持の裾野を広げることを目的としています。2016年中元期からスタートした本企画は、当初よりお客さまのご支持を頂戴し、中元・歳暮での継続した取組となっているだけでなく、通年の定番商品としての展開や、販売チャネルの拡大を図るなど、発展した取り組みとなっています。会場内には外国語表記案内を用意しております。

イベント概要

イベント名
東京国立博物館X三越伊勢丹 コラボレーションギフト(中元・歳暮・通年)
期間
2017/10/1(日)〜2018/3/31(土)
開催場所
東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店
主催団体
三越伊勢丹
URL
www.mitsukoshi.co.jp

インタビュー

本事業に関して、株式会社三越伊勢丹 坂本様にお話を伺いました。

―事業実施のきっかけは、どのようなものだったのでしょうか。

2015年、東京国立博物館さまと新春のイベントで協業させていただきました。イベントはお客さまより大変好評をいただき、日本の文化・芸術に触れる機会を提供することの価値を再認識いたしました。2020年のオリンピック・パラリンピックに向け、グローバルな次世代を担っていく若年層や、外国の方などにも、広く日本の文化財に触れていただく取組に繋げていきたいという、東京国立博物館さまと共通の思いがきっかけとなりました。

―この事業の目的は何でしょうか。

この事業は、東京国立博物館さま所蔵の国宝・重要文化財など、貴重な文化財のデータを使用した日本の美意識あふれる特別なギフトアイテムを共同開発し、三越伊勢丹の販売ネットワークで全国展開。本物のアートや文化を身近に提供することで、ご家庭で親と子の会話や、職場でのコミュニケーションのきっかけとなったり、「贈る方」「贈られる方」の感動や共感を創出し、日本の文化・芸術への関心や矜持の裾野を広げることを目的としています。

 
東京国立博物館X三越伊勢丹 コラボレーションギフト(中元・歳暮・通年)の商品イメージ

様々な商品が用意されています

―今後、本事業がどのように広がり、発展をしていくのでしょうか。その展望をお聞かせください。

活用・紹介する文化財提供元・協業先を増やし、また、開発する商品のアイテムバリエーションや販路の拡大によって、外国人を含めたより幅広いお客さまへの価値提供を実現。2020年、それ以降も継続し国内外へ日本文化の素晴らしさや、文化財保護の大切さを伝えて続けることが目標です。