このページの本文へ移動

【今月のピックアップ】地元とつながる「地元とつくる、地元ポッキー」

地元とつながるのイメージ

イベント開催情報

・各地域にある地元農産物の魅力を、日本を代表する流通菓子で発信する地域活性化プロジェクト。厳選した食材の味を十分に生かし、地元素材の魅力をまるごと楽しめて地元の方にも愛される、そして旅行者やその周りの人たちとをつなぐ架け橋となる取り組み。
・ウェブサイト「地元とつながる」は、地域の名産物を使った流通菓子が出来上がるストーリーを通して、その名産物を育んだ、自然・大地・そこに住む人々の関わりから生まれるさまざまな地元の魅力をリアルにお届けします。
・地元との取り組み品は、国際線発着空港(出国手続き後の免税エリアにある土産店)で販売し訪日外国人へもアピール。英語版も作成し、国内外へ広く発信します。
※「地元とつくる、地元ポッキー」は商品名です。

イベント概要

イベント名
地元とつながる「地元とつくる、地元ポッキー」
期間
2017/10/2(月)〜2018/3/31(土)
開催場所
北海道、東北地区、信州地区、北陸地区、近畿地区、中四国地区、九州地区、全国空港免税エリア
主催団体
江崎グリコ株式会社
URL
http://cp.pocky.jp/jimoto-pocky/

インタビュー

本事業に関して、江崎グリコ株式会社 山本様にお話を伺いました。

―事業実施のきっかけは、どのようなものだったのでしょうか。

ポッキーは1966年に誕生し、今年で52年目を迎える江崎グリコを代表するロングセラーブランドです。お土産ポッキーは約30年前から販売し、当時は話題のある商品だったのですが、競合各社のお土産品が増えてきたことで、商品の考え方を見直す必要がありました。そこで、土の香りがするポッキーができないか?というアイデアから2016年2月に「地元ポッキー」という地元の魅力が詰まったシリーズにリニューアルしました。

―この事業の目的は何でしょうか。

ポッキーは「Share happiness!」を約束するブランドとして、ポッキーを通して世界中にしあわせが連鎖するブランドでありたいと考えています。その中で、「地元ポッキー」は、地元の方々にも愛され、国内外の方々に地元の魅力を伝えることでしあわせをお届けすることがミッションです。生産者の想い、素材の魅力、地域の特色などを観光客の方々に知っていただき、観光客と地元の懸け橋になることを目指しています。

地元ポッキーのイメージ

各地の地元ポッキーがあります

―今後、本事業がどのように広がり、発展をしていくのでしょうか。その展望をお聞かせください。

現在、行政・JA・生産者の方々と一緒に地元の魅力を伝える取り組みを行っていますが、今後は、地元の方々にも地元の魅力を体感していただき、地元活性化の一助になるような活動をしていきたいと考えています。また、ポッキーは世界中で販売しておりますので、訪日外国人の観光客が日本の地方に目を向けていただけるように本国のインフルエンサーを活用しながら地元の魅力を配信していく予定です。